メディア個別 ピコ太郎「PPAP」玉ねぎバージョンで黒柳徹子と感動のコラボ! | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ピコ太郎「PPAP」玉ねぎバージョンで黒柳徹子と感動のコラボ!
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

今年「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で世界中を席巻したピコ太郎(53)が、12月23日(金)放送の『徹子の部屋』にゲストで初出演。司会の黒柳徹子(83)との奇跡のコラボを果たした。

ピコ太郎「PPAP」玉ねぎバージョンで黒柳徹子と感動のコラボ!
 
今年8月末にアップした「PPAP」の動画の再生回数が1億回以上、関連動画はおよそ9億回という、想像を超えた人気について「まさか子どもにハマるとはまったく思ってなかった」「映画に出ているような感じです」と語ったピコ太郎。興味津々の眼差しの黒柳に「PPAP」が生まれた経緯や、ピコ太郎の名前の由来、妻の「多味(たみ)」などについて説明した。

しかし、つねにマイペースな進行とムチャぶりで“芸人キラー”と呼ばれる黒柳はいきなり「お母様はどういう方?」と質問。ピコ太郎はすかさず「合気道の先生」と答えたが、ピコ太郎のプロデューサーである古坂大魔王(43)のVTRコメントを受けて黒柳が「全然違う人間なんだけど、ちょっと顔の形が似ているんですかね」と率直な感想を述べると、ピコ太郎の表情が一瞬固まる場面も。

番組後半では、黒柳の頭の“玉ねぎ”に(架空の)ペンを刺したいというピコ太郎の願いを黒柳が快諾。「PPAP」玉ねぎバージョンと題し、音楽に合わせて「アイハブアペン」「アイアムアオニオン」のセリフを言い合い、ピコ太郎と徹子の夢のコラボが実現した。だが、ここでも黒柳が決めゼリフを先に言ってしまうなどお茶目さを発揮し、スタジオは大爆笑の渦に包まれていた。

それだけで終わらず、最後は黒柳自らが考えてきたという「PPPP(ペンパンダパンダペン)」を独自のリズム感とともに披露。これにはピコ太郎も「今のジャズのようなシンコペーションすごかったです!」と絶賛し、感動を噛みしめていた。

(文/池野フナ子)
本記事で使用している画像は以下ウェブサイトのスクリーンショットです ピコ太郎(PIKOTARO)オフィシャルサイト
ママテナ読者が良く購入している人気アイテムやグッズ、アプリをランキング化!みんなはいくつ知ってる?
  • 1位
『ウルシヤマ金属 油キレイ 260ml』
天ぷらなどで利用した廃油に混ぜるだけで油が洗剤に変わるというスグレモノ! 入れると油が一瞬で乳化してサラサラに。スポンジも鍋もベトつかず後処理が楽チンに
 
  • 2位
『TOFULOVEプロフェッショナルメイクアップスポンジ』
ラテックスフリーで肌に優しく、ファンデーションが薄塗りでもムラなく美しく仕上がるとママたちの間でもひそかなヒット! 価格も400円程度と安価なのもうれしい!
 
  • 3位
『たっきーママのHappy朝ラク弁当』
ミツカンやサントリー、味の素KKなど、数々のメーカーが主催するレシピコンテストで受賞し、料理ブロガーとしても大人気のたっきーママ。毎朝簡単に、しかも華やかなレシピの数々はママたちに大好評!
 
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP