メディア個別 「子どもは大丈夫か」ってどういう意味? 義父の余計な心配がつらい… | ベビーカレンダー | ママテナ
「子どもは大丈夫か」ってどういう意味? 義父の余計な心配がつらい…

「子どもは大丈夫か」ってどういう意味? 義父の余計な心配がつらい…

初産の嫁の体調や初孫の成長を、いろいろと気にかけて心配してくれる義父。しかし、その心配がときにはママの負担になることも……。義父の悪気ない発言に傷ついた体験談です。

義父はやさしい人で、私をよく気づかってくれます。長子を妊娠・出産した際は、義父にとっても初孫だったためか、いろいろな本を読んだりドキュメンタリー番組を観たりして得た知識をいろいろと教えてくれました。しかし、そのことで遠回しに傷つけられることもありました。

知っていることを延々と聞かされる

義父は博識で、普段から私の役に立ちそうだと思ったことを教えてくれます。妊娠中も、「妊娠中はこんな栄養素を積極的に摂るようにしたらいい」「胎教にはこの音楽がいいらしい」などなど、いろいろな情報を教えてくれました。


しかし、それらはすでに知っているものばかり。妊娠している本人が1番アンテナを張っているのは当たり前なのですが、義父はそうは思わず、私がすべて初耳だと思って話しているので、期待を裏切るわけにもいかず……。


「へ~!」「そうなんですか~!」「あっ、それは前に助産師さんから聞いたことがある気がします!」などなど、義父の顔を立てるように返事をするのが大変でした。

「帝王切開の子は~だから」と言われる

出産は帝王切開でした。出産する前は全然気になっていなかったようなことが、やはり自分で体験すると気になるようになりました。例えば、「帝王切開で生まれた子は、辛抱ができない子になる」とか「アトピーやアレルギーになりやすい」など、大抵は根拠のない話です。


生まれ方は関係ないと思いながらも気にしているところへ、義父から「帝王切開の子はアトピーになりやすいから食事に気を付けるように」だとか「たくさん母親の愛情を与えるように」だとか言われ、当時は深く傷つきました。

関連記事:

ピックアップ

やりがちだけどNG。保育士が実は困っている保護者の対応とは?
「静かすぎる…」突然消えた息子。ゆらりと揺れたカーテンをのぞくと…?
「もう頑張る理由が見つからない」ごみの上で涙を流す日々。ついに限界が…! #いいから黙って食え!6
「し、しゃべった!」奇行のあと無反応になった娘。医師が呼びかけると…!? #13