メディア個別 【効果倍増】正しい初詣の仕方とは?’17年のパワースポットもナビ | スピリチュアル鑑定士・寿が指南 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【効果倍増】正しい初詣の仕方とは?’17年のパワースポットもナビ
~スピリチュアル鑑定士・寿が指南~

アメブロ公式サイトを開設し、スピリチュアル鑑定士として人気急上昇中の寿氏が、「ママテナ」読者のためだけに、’17年の開運スポットをナビ。さらに運気が上がる、“正しい初詣の仕方”を聞いた!

●本来神社は感謝する場所

「以下の開運スポットでも、2つの神社を挙げさせて頂きましたが、本来神社はパワーをもらう場所ではなく、“どうもありがとうございます”と感謝する場所です。まずは心で“ありがとうございます”と唱え、神社に祀られている神様に感謝の意を伝えてからお願いをしましょう。参拝する際は、名前はもちろん、生年月日や住所、郵便番号まで、主語をより正確に伝えることが大切です。神様に敬意を払った上で、お願いする時はより具体的に貪欲に(笑)いきましょう」(寿氏 以下同)

お参りするだけでなく、時間がある時にぜひやってほしいことがあると語る寿氏。

「パワースポットとして知られる大木に触ってみたり、井戸を写真におさめたりと、ついミーハーな行動に陥りがちですが、そのようなパワースポットにすがる人たちは、そもそも“もっと幸せになりたい”と願う人たちばかり。そういう人たちが触ったものは、邪気の吹き溜まりと言っても過言ではありません。行列を作って、定番の決まり事を実践するよりも、パワースポットを訪れたら、まずは静寂に身を任せ、そっと目を伏せましょう。その身を預けると、上の世界とも通じやすくなり、良いひらめきが降りてきやすい状態になります。邪気の集まりに左右されることなく、精神統一をするつもりで訪れてみて下さい」
正しい参拝の仕方
 

●寿氏おすすめの運気が上がるスポット

【栃木県・古峯神社】
「御祭神は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)。御祭神の使者である天狗は、厄を払うと言われています。別名“天狗の社”とも呼ばれ、境内では様々な天狗に出会うことが出来ます。夫婦円満、商売繁盛のご利益もあるとされ、訪れるだけで強いエネルギーが感じられると思います」

【兵庫県・弓弦羽神社】

「ソチ五輪で金メダルを取った羽生結弦さんが、お参りに訪れた神社であることが話題になり、近年は参拝者が20倍に急増したとか。勝負運上昇と開運、恋愛成就のご利益があると言われています。元々ここの宮司さんは奉仕の精神が強く、地域の人々に無償で七五三の衣装を貸し出していたそう。その奉仕の精神がやがては身を結び、今に至ったという説も囁かれています。すべての物ごとと人はバランスで成立しています。こちらの宮司さんのように、自らマイナスを作っておくと、やがてはお金や喜びごとで帰ってくるものです。参拝の後は、コンビニのレジ前にある募金箱に1円でも5円でもいい、分け与える努力をしてみましょう。さらにご利益が得られるかもしれませんよ」
パワースポットを訪れなくとも、誰にでもできるパワーチャージの方法があるという。

「それは先祖はもちろん、“生き仏”であるあなたの両親、旦那さんの両親を、何よりも大切にすることです。気が付いたら“ありがとう”のひと言を。例え電話が出来なくても、日々心の中で“どうしてるかな? 元気かな?”と思いだすだけでOK。もしも親との間に確執やしこりがあったなら、’17年は、少しずつ、その恨みやつらみを心のなかから排除することから始めていきましょう。心のなかに人を憎む気持ちがあれば、いくらお参りしたところで、幸運を引き寄せることはできません」

最後に、日本人が持つ“言霊”の威力を教えてくれた。

「口から出すのは絶対にいい言葉であるべきです。ネガティブな言葉をつぶやいたら、すぐに“キャンセル、キャンセル”とつぶやいてなかったことにしましょう。家事をこなしてやっと横になれた時は、“疲れた…”じゃなくて“気持ちいい!”とつぶやく。意識すると、3週間ほどでそれが習慣化されます。旦那さんとの関係で悩んでいるママは、何でもいいから、毎日ひとつ、旦那さんをほめてみましょう。極めつけは“おいしいもの作っておくから早く帰って来てね”、金曜日の朝は“夜は面白い映画を見ようね”とおじいちゃんに話しかけるように、優しい声で投げかけてみて下さい(笑)。神の国日本と呼ばれるくらい、日本人の言霊ってすごい。これを使わない手はありませんよ」

行列を作ってパワースポットもいいけれど、それより何より、まずは身近ですぐできることから始めてみよう。そうすれば、ママの運気は自然と上がってくるはずだ!

(取材・文/吉富慶子)

お話をうかがった人

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP