メディア個別 フランスの乳酸発酵食品「シュークルート(乳酸キャベツ)」で免疫力アップ! | 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

フランスの乳酸発酵食品「シュークルート(乳酸キャベツ)」で免疫力アップ!

第195回 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック!
女性に多いと言われているお通じの悩み。便秘改善をサポートするサプリメントなども販売されていますが、できるだけ自力でどうにかしたいものですよね。そこでおすすめなのが「シュークルート」という乳酸発酵食品です。

乳酸菌たっぷり!シュークルートの基本的な作り方

シュークルートとは、フランス・アルザス地方の郷土料理として親しまれているキャベツの塩漬けのこと。日本よりも寒い地域が多いと言われているヨーロッパでは長期間保存可能な酢漬けによって冬の間の野菜不足を補っているそうです。
シュークルートに含まれる「植物性乳酸菌」は胃酸や胆汁酸などの厳しい環境にも強く、生きたまま腸に届けることができるんだとか。

植物性乳酸菌には悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす働きがあります。善玉菌が増えることで腸内環境が整えられ便秘をスムーズに改善し、免疫力を高める効果も期待できます。

〜シュークルートの基本的な作り方〜
<材料>
・キャベツ 300g
・塩 6g
・鷹の爪 1本
・粒胡椒 5粒
・キャラウェイシード 適量
・ローリエ 1枚

<作り方>
1. キャベツは芯を取り除き、千切りにします。
2. ボウルにキャベツと塩を馴染ませ30分ほど放置しましょう。
3. 保存用の瓶に2を出てきた汁ごと入れ、粒胡椒・ローリエ・キャラウェイシードと一緒に詰め合わせます。
4. 常温保存で4〜5日ほど(春や夏は2〜3日が目安)置き、色が黄色っぽくなり酸味が出たら完成です。

フランスの乳酸発酵食品「シュークルート(乳酸キャベツ)」で免疫力アップ!

シュークルートのアレンジレシピ 〜ジャーマンポテトサラダ〜

シュークルートはそのまま食べる以外にもパスタやポテトサラダなどのメニューに応用することが可能です。

〜ジャーマンポテトサラダの作り方〜
<材料>
・じゃがいも 2個
・シュークルート 100g
・ベーコン 2枚
・オリーブオイル 小さじ1

<調味料>
・マヨネーズ 大さじ2
・塩、ブラックペッパー 適量
・粒マスタード 小さじ2

<作り方>
1. ベーコンは短冊切りにします。
2. フライパンにオリーブオイルを熱し、1のベーコンを加えこんがりと焼き色がつくまで炒めます。
3. じゃがいもは皮付きのままラップに包み、竹串がスッと通る硬さになるまで約6分間電子レンジで加熱します。
4. 3のじゃがいもの皮をむき、熱いうちに粗めに潰していきます。
5. 4のじゃがいもに2のベーコンとシュークルート、すべての調味料を加えて混ぜ合わせます。

いかがでしたか?シュークルートは意外と簡単に作れますので普段から便秘に悩まされている女性は是非参考にしてみてくださいね。

フランスの乳酸発酵食品「シュークルート(乳酸キャベツ)」で免疫力アップ!

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・kurumi
文・kurumi
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。