メディア個別 ベビーバスを使った沐浴方法!イラスト付きで手順&ポイントを解説 | ベビーカレンダー | ママテナ
ベビーバスを使った沐浴方法!イラスト付きで手順&ポイントを解説

ベビーバスを使った沐浴方法!イラスト付きで手順&ポイントを解説

この記事では医師監修のもと、ベビーバスを使った赤ちゃんの沐浴方法についてお話しします。赤ちゃんがおなかの外の世界に慣れるまでの生後1カ月程は、きれいなお湯とベビーバスを使用して入れてあげましょう。

今回は、ベビーバスを使った赤ちゃんの沐浴方法についてお話しします。

沐浴をする目的

赤ちゃんをお風呂に入れることを沐浴(もくよく)といいます。
赤ちゃんは新陳代謝が活発で、汗や垢、皮脂が発生しやすいので、体を清潔に保つために1日1回は沐浴しましょう。


赤ちゃんがおなかの外の世界に慣れるまでの生後1カ月程は、きれいなお湯とベビーバスを使用して入れてあげましょう。
産後の1カ月健診で、赤ちゃんが順調に育っていて小児科医から許可があれば、ベビーバスを使った沐浴を卒業して、大人と一緒にお風呂に入る方法に切り替えて大丈夫です。


ただし、親が赤ちゃんとお風呂に一緒に入ることにまだ自信が持てない場合、湯船の中で親が赤ちゃんを抱っこすることを不安に感じる場合、上の子がいて同時にお風呂に入ることが大変な場合、里帰りから自宅へ戻りサポートが不足する場合は、生後4カ月ごろまでベビーバスを使っている親子も少なくありません。ご家庭の状況に合わせた方法で赤ちゃんの清潔を保ちましょう。

沐浴に必要な物品

沐浴中に使う

□ベビーバス
□洗面器
□沐浴布(タオルor手ぬぐいでOK)
□ベビーソープ(液体or固形)
□湯温計(温度設定できる場合は不要)

沐浴後に使う

□バスタオル
□おむつ・おしり拭き
□基礎化粧品(化粧水、乳液、リップクリーム、ハンドクリーム)
□着替え
□保湿剤

その他

□おへその消毒セット(出産施設からもらえることもあるため購入前に要確認)
□綿棒(ベビー用でもOK)
□ベビー用ヘアブラシ
□ベビー用爪切り

関連記事:

ピックアップ

やりがちだけどNG。保育士が実は困っている保護者の対応とは?
「静かすぎる…」突然消えた息子。ゆらりと揺れたカーテンをのぞくと…?
「もう頑張る理由が見つからない」ごみの上で涙を流す日々。ついに限界が…! #いいから黙って食え!6
「し、しゃべった!」奇行のあと無反応になった娘。医師が呼びかけると…!? #13