メディア個別 ジョー・アルウィン、テイラー・スウィフトに曲にされるのは「光栄」 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ジョー・アルウィン、テイラー・スウィフトに曲にされるのは「光栄」

第875回 海外スターの最新ニュース

ジョー・アルウィン(28)は、恋人であるテイラー・スウィフト(30)が自分のことを曲にしてくれるのは光栄だと感じているようだ。テイラーの最新アルバム『ラヴァー』に収録された『ロンドン・ボーイ』は、イギリス出身であるジョーのことを歌った曲と思われているが、ジョーはテイラーが恋人のことを歌詞にすることは賛辞と捉えているようだ。

ザ・タイムズ紙でテイラーが自分のことを曲にすることを気にするかと尋ねられたジョーは「全然そんなことないよ、光栄だ」と答えた。

そして、そんなテイラーとの関係についての報道には耳を傾けないようにしているとし、「自分が注目したくないことに関しては、目を向けないだけのこと」「興味のあること以外のボリュームは下げてしまうだけ。タブロイドには興味がない。自分のやりたいことは分かっているから」と続けた。

2人は先月、アメリカの祝日である感謝祭をジョーの地元ロンドンで一緒に過ごしていた。その際、関係者は「テイラーは(先月28日の)感謝祭当日にニューヨークから到着して、イギリスで週末を過ごしました」と話していた。

しかし、イギリスに飛び立つ前には、ジジ・ハディッド、マーサ・ハント、アントニ・ポロウスキら友人たちと、毎年恒例となっている友達とのパーティーを開いたようだ。

あなたにおすすめ

ピックアップ