メディア個別 アイライナーを全部引くのはNG!今っぽデカ目作りのポイントはちょいライン♡ | michill (ミチル) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

アイライナーを全部引くのはNG!今っぽデカ目作りのポイントはちょいライン♡

第84回 michill (ミチル)
目元の印象がぐっとアップするのでしっかりアイラインを引いたメイクが好き!だけど、最近流行りの抜け感がなく古い印象になっていないか心配になってしまいます。アイライナーを目頭から目尻まで引かないメイクでも、デカ目メイクをしたい!そんな時にぴったりな、ちょいラインでデカ目に仕上げる方法を紹介します。

自然な陰影をアイシャドウで作っておく

アイラインはしっかり引きたくない、だけど目力は欲しい、そんな時にはまず目元に陰影がでるようアイシャドウを仕込みましょう!

陰影なしだとこのような状態です。

アイシャドウの締め色を目のキワにのせます。この時、しっかりとチップでのせると締め色が際立ってしまい目力アップに逆効果になってしまうこともあります。

濃過ぎる場合はチップを使うのではなく、ブラシでふわっとのせてもOKです。

目のキワに陰影を作ると、目元がより立体的に見え、目力がぐっとUP。アイラインなしで仕上げたい時にも、さりげなく締め色で陰影を仕込んでおくとナチュラルにデカ目効果が期待できますよ。

まつ毛の間を埋めればしっかりラインじゃないのにデカ目に!

アイラインをしっかり引かずにデカ目効果を得るのに絶大な効果があるのが、まつ毛の間をアイラインで埋めることです。

まつ毛の間を埋めると、がっつりラインを引いた感じがないのにも関わらず、目元をくりっと大きく見せる効果があります。

画像のように瞼を少し上に上げ、アイライナーを下からいれてまつ毛の間を埋めます。

この時、ジェルライナーだと優しいタッチで埋めることができるのでおすすめです。

また、粘膜部分にラインがのってしまった場合には綿棒で軽くおさえ拭き取るようにしましょう。

目頭から目尻までがっつりラインを引いているわけではないですが、目元がくりっと仕上がりました。

がっつり引きたくないけれど、目力はしっかりアップさせたいという時におすすめの方法です。

目尻アイラインを自然に仕上げるコツは「流れ」を意識

アイラインは目頭から目尻まで全て引かなければならないわけではありません。

目尻のみ少し目幅よりも伸ばして引くだけでも、目幅がアップして見え、目ヂカラがアップします。

しかし、ただラインをのばせばいいという訳ではありません。単に目尻から長く引いても、自然な流れができていないと一体感がでず少しチグバグした印象に仕上がってしまいます。

目尻からアイラインを伸ばす時には、目のキワの流れを意識しましょう。

カクっと角度がついておらず、目尻から違和感のない流れができているかどうかが大切です。目を開けてラインを引く場合も、伏し目がちになった時にラインの流れが綺麗かどうかを確認しながら仕上げましょう。

今回ご紹介したアイシャドウでの陰影、まつ毛の間を埋める、流れを意識した目尻ラインの3つを取り入れて仕上げた目元がこちらです。

目頭からがっつりラインを引いているわけではないですが、しっかり目力のある目元に仕上がりました。

濃くなりすぎず、今っぽデカ目に仕上げたい時には、この3点を盛り込んだアイメイクをぜひお試しください!


michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。