メディア個別 一癖ある俳優としてもやっていけそうな若手ジャニーズランキング | gooランキング | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

一癖ある俳優としてもやっていけそうな若手ジャニーズランキング

第63回 gooランキング
芸能界には個性派俳優も少なくありません。SNSの効果も手伝ってか、ムロツヨシや滝藤賢一、佐藤二朗といった個性派俳優に注目が集まっており、主役を食う勢いのある演技で作品には欠かせない存在感を放っています。ジャニーズタレントたちもアイドルと並行して、俳優として活躍するタレントが多数。主役もいいけれど、一癖ある個性派俳優としても活躍しそうな若手ジャニーズタレントについて聞いてみました。

1位 山田涼介(Hey! Say! JUMP)
2位 玉森裕太(Kis-My-Ft2)
3位 八乙女光(Hey! Say! JUMP)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「山田涼介(Hey! Say! JUMP)」!

山田涼介はこれまでに『映画 暗殺教室』、『鋼の錬金術師』と漫画を原作とする実写映画に出演してきました。今年7月に放送されたテレビドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系)では、まさかのセミオトコを演じるなど、とにかく演技の幅が広い彼。“どコメディー”といわれたホームドラマ『もみ消して冬』(日本テレビ系)シリーズでは、変顔もなんのその! 振り切った演技をみせてくれました。2020年5月公開の映画『燃えよ剣』では沖田総司役を演じることも決定しており、ジャニーズ屈指のカメレオン俳優と呼ぶべき存在ですね。

2位は「玉森裕太(Kis-My-Ft2)」!

木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBSテレビ系)で、若きフレンチシェフの平古祥平役を好演している玉森裕太。ドラマ前半では木村拓哉演じる天才シェフ・尾花夏樹と対峙するなど尖った演技を見せ、しかし中盤からは尾花らに対する感謝と憧れを含んだ演技で魅了しており、沢村一樹や鈴木京香らベテラン俳優に囲まれても、引けを取らない演技で存在感を放っています。2017年に放送されたテレビドラマ『リバース』(TBSテレビ系)では、これまでに演じてきたキャラとは異なるクールな役を演じるなど、シリアスな作品にも出演しており、今後の活躍が楽しみです。

3位は「八乙女光(Hey! Say! JUMP)」!

八乙女光といえば、2004年放送の『3年B組金八先生(第7シリーズ)』(TBSテレビ系)で演じた丸山しゅう役の印象がいまだに根強く残っている人も多いのではないでしょうか。第一話には「史上最低の3B!」というタイトルがつけられているように、犯罪の低年齢化をテーマに、“中学生のドラッグ使用”という、歴代シリーズの中でも衝撃的な事件が巻き起こる本作。八乙女光が演じた丸山しゅうは、家庭の事情で薬物依存に陥ってしまうという難しい役どころでしたが、思わず引き込まれてしまうほどリアルな姿が多くの人の支持を集めました。個性派俳優としての素質は十分にあると言えそうです。

ランキング上位にHey! Say! JUMPのメンバーが2名もランク・インしていたのが興味深いところ。キラキラとしたアイドルとしてはもちろん、個性派俳優としての活躍も楽しみですね。気になる4位~29位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのジャニーズタレントに一癖ある役を演じてほしいですか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年12月05日~2019年12月05日

配信元

gooランキング
gooランキング
gooランキングは、ウェブリサーチによるアンケートやアクセス数によるランク付けを元に世の中のあらゆるものをランキングで紹介している、総合ランキングサイトです。
gooランキングは、ウェブリサーチによるアンケートやアクセス数によるランク付けを元に世の中のあらゆるものをランキングで紹介している、総合ランキングサイトです。