メディア個別 ザッカリー・リーヴァイ、グアンタナモ収容所を描いた映画に出演へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ザッカリー・リーヴァイ、グアンタナモ収容所を描いた映画に出演へ

第892回 海外スターの最新ニュース

ザッカリー・リーヴァイが、『プリズナー760』の豪華キャスト陣に加わったという。ザ・ハリウッド・レポーターによると、『シャザム!』などで知られるザッカリーは、モハメドゥ・ウルド・スラヒが自身の体験を記した著作『グアンタナモ収容所 地獄からの手記』をもとに製作される同作品で、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョディ・フォスター、シェイリーン・ウッドリー、タハール・ラヒムらと共演するそうだ。

『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルドがメガホンを取る本作は、米政府により身柄を拘束され、罪状もないまま14年以上同収容所に収監されたスラヒの実体験を描く。

ジョディとシェイリーンがスラヒの弁護士ナンシー・ホランダー役とテリ・ダンカン役をそれぞれ演じる一方、ベネディクトは軍事検察官スチュアート・カウチ役、そしてリーヴァイはカウチの旧友で連邦捜査官のニール・バックランド役を担うという。

現在南アフリカで撮影が行われている同作品は、.ベネディクトがプロデューサーを兼任するほか、30ウェスト、トピック・スタジオ、BBCフィルムの共同製作となっている。

一方、リーヴァイがタイトルロールを演じ今年4月に日本公開された『シャザム!』が世界各地で総額3億6320万ドル(約396億円)の興行収入を記録する大ヒットとなったことを受けて、第2弾製作の話が進んでおり、リーヴァイが続役するものとみられている。