メディア個別 フランチェスカ・ヘイワード、共演のテイラー・スウィフトに圧倒される | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

フランチェスカ・ヘイワード、共演のテイラー・スウィフトに圧倒される

第893回 海外スターの最新ニュース

フランチェスカ・ヘイワード(27)は、新作『キャッツ』で共演したテイラー・スウィフトの才能に圧倒されたそうだ。同ミュージカル作品で映画デビューを果たした英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルダンサー、フランチェスカがテイラーの傍で仕事をしたその興奮を語った。

フランチェスカはグラツィア誌にこう話す。「みんなとても親切だったわ。全てみんなね。テイラー・スウィフトですらよ。彼女のおかげでとても居心地がよかったわ」「(彼女を見ていることは)テイラー・スウィフトのプライベートコンサートみたいだった。ただ脇で圧倒されていたの」

またジェニファー・ハドソンがリハーサルで同ミュージカルで最も有名な楽曲『メモリー』を歌う度に現場が感動の渦に巻き込まれたそうだ。「彼女があれを歌う度に、みんなが涙したのよ」「(最初の読み合わせの場で)まず沈黙が訪れ、その後、鼻をすすったり、涙をこらえたりするのが聞こえてきたわ。少しシクシク泣く人もね。男性ですらよ」

一方レベル・ウィルソンやジェームズ・コーデンは、脚本に沿わず度々アドリブで話したためキャストが笑いをこらえるのが大変だったそうで「彼らはつねに即興でセリフを言っていたから、シーンがダメになってしまわないよう真面目な顔をしないといけなかったんだけど、彼らはとても面白いからそれが難しかったの」とフランチェスカは振り返る。

そしてお気に入りのキャストメンバーはジュディ・デンチだという。「彼女といるととても楽しい。彼女の目はいたずらっぽい輝きを秘めているわ」

そんなフランチェスカは今後も映画の仕事を続ける意欲はあるものの、自身の第一の情熱であるバレエから引退する予定はないそうだ。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイント5ptがもらえる!
アントニオ・バンデラス、新型コロナウイルスに感染
クリストファー・ノーラン、『TENET テネット』の編集に苦戦?
シャイア・ラブーフ、リブート版『X-Men』でアイスマン役へ?