メディア個別 東京スカイツリーの足元で、スケートを満喫!「TOKYO SKYTREE TOWN(R) ICE SKATING PARK 2020」が開催 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

東京スカイツリーの足元で、スケートを満喫!「TOKYO SKYTREE TOWN(R) ICE SKATING PARK 2020」が開催

第778回 OZmall(オズモール)
2020年の冬の注目イベントはコレ! 2020年1月4日(土)から3月8日(日)までの期間、東京スカイツリータウンで屋外スケートリンク「TOKYO SKYTREE TOWN(R) ICE SKATING PARK 2020」がオープン。首都圏女性情報誌「OZmagazine」のインターネット版<OZmall>ではさまざまな冬のイベントをご紹介!

目の前は東京スカイツリー。絶景の屋外スケートリンク





(c)TOKYO-SKYTREETOWN

東京スカイツリータウン4階 スカイアリーナに、期間限定でスケートリンクが登場。東京スカイツリーを眺めながら開放的な空間でスケートを楽しめる。夜は光り輝く東京スカイツリーのライティングを眺めながら、ロマンチックなひとときを過ごして。

オープン初日の2020年1月4日(土)には、女優でフィギュアスケーターとしても活躍中の本田望結さんと本田紗来さん姉妹が来場。スケーティングを披露するほか、スケートの魅力などについて話すトークショーを開催する。



■本田望結・紗来オープンニングセレモニー

開催日時:2020/1/4(土)12:30~13:00
※観覧無料
※当日のスケートリンクオープンは15時を予定
※天候状況により中止の可能性あり



子供向け「キッズリンク」や「雪遊びコーナー」も





キッズリンク(c)TOKYO-SKYTREETOWN

リンクそばには、小学生未満の子供専用の小さなプラスチック製リンク「キッズリンク」が登場。キッズリンクの貸靴料込みのワンコインで遊べる。なお、利用するには手袋必須なので持参していった方がよさそう(手袋の販売あり)。子供がアイスリンクで滑る前の予行練習に利用したい。

また、キッズリンクの横には、アイススケートリンクの氷を利用した無料の「雪遊びコーナー」を設置。都会で本物の雪に触れることができる貴重な体験ができる。冬の醍醐味である雪遊びを楽しんで。



■キッズリンク

料金:500円
※キッズリンク貸靴料込
※利用するには手袋が必要。当日現地での販売(300円)あり



ソラカラちゃんのグリーティングも楽しんで





(c)TOKYO-SKYTREE

ワンコインのマンツーマンでスタッフがスケートを教えるワンポイントレッスンもあるので、初めてスケートをする人やスケートに自信がない人、子供はぜひ利用したい。

期間中の土・日・祝日には東京スカイツリーの館内でしか会うことができない、東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんがアイススケートリンクに遊びに来るスペシャルグリーティングも行われる。

スケートで汗を流した後は、スカイツリーに上ったり、館内でショッピングやカフェを満喫して。



■ワンポイントレッスン
料金:500円
※別途スケート滑走料金(大人1600円)が必要。
所要時間:約10分

■ソラカラちゃんのスペシャルグリーティング
開催日:2020/1/5(日)~3/8(日)の土・日・祝日
時間:12:00~15分程度
※スケートリンクにご入場の方のみ参加可能
※天候状況により中止の可能性あり



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。