メディア個別 新収蔵作を初公開!京橋のアーティゾン美術館で開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

新収蔵作を初公開!京橋のアーティゾン美術館で開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」

第787回 OZmall(オズモール)
京橋のブリヂストン美術館が「石橋財団アーティゾン美術館」となり、2020年1月18日(土)にオープン。その開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」が、3月31日(火)まで開催。コレクションの中から、初公開約30点を含む約200点を展示する。

展示面積は旧美術館の約2倍!新収蔵品の展示も見どころに





メアリー・カサット《日光浴(浴後)》1901 年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

美術館は、建て替えのために休館していた間も積極的に作品の収集を続け、コレクションの幅を広げていたそう。開館記念展では、新しい収蔵作品の中から31点を初公開するのも、大きな見どころのひとつに。

展覧会は2部構成で、第1部は「アートをひろげる」と題して近代から現代美術までの名品を一望し、第2部では古今東西の美術をテーマごとに掘り下げる。

新しいアーティゾン美術館は、旧美術館の約2倍の展示面積と最新の設備を持ち、開放的でモダンなデザインを採用。さらに、日本古来の美術作品を展示する部屋も新設して、古代からの人間の創造の軌跡をたどる試みも。これまで以上に、美術の新しい楽しみ方が広がる。



近代から現代までの名品が揃う第1部「アートをひろげる」





左/エドゥアール・マネ《自画像》 1878-79 年 石橋財団アーティゾン美術館蔵、右/ウンベルト・ボッチョーニ3710《空間における連続性の唯一の形態》1913年(1972年鋳造)石橋財団アーティゾン美術館蔵

第1部「アートをひろげる」では、1870年代から2000年代までの約140年間にわたる、近代から現代までの選りすぐりの名品を展示。

たとえば、1870年代に活躍した近代美術の父、エドゥアール・マネの作品から、今年100歳になる現役アーティスト、ピエール・スーラージュの2000年代の作品まで、近現代の名作が一つの地平に並べられる。

この期間は、画家や彫刻家など美術家たちによって、果敢な実験や試行が行われ、アートの概念がどんどん広がっていった時代。時間と空間を飛び越えて、それぞれの作品のなかに見えてくる関わり合いの面白さを感じ取って。



7つの視点で厳選名画を紹介する第2部「アートをさぐる」





青木繁《海の幸》1904年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

第2部「アートをさぐる」では、7つの視点からアートを彫りさげ、古今東西の名品が持つ作品世界を紹介する。

その視点とは、人間の根源的な欲求から生まれた「装飾」、受け継がれる「古典」、生物としての記憶を秘めた「原始」、現実の世界を超えて存在する「異界」、宗教美術に代表される「聖俗」、社会の出来事や内面世界の「記録」、そして人を支え励ます「幸福」の7つ。

それぞれの作品の背景や見どころを知りたいなら、自分のスマートフォンとイヤホンがあれば、アプリをダウンロードして無料で楽しめる音声ガイドもあるので、こちらも活用して。

また、アーティゾン美術館は日時指定予約制で、ウェブチケットが完売の場合は当日チケットが販売されないので、事前に確認を。

新しいスタートを切った美術館の開館記念展を、八重洲や丸の内周辺の散策とともに、楽しんでみては。



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

百貨店でライフプランの相談ができる時代に!日本橋髙島屋にファイナンシャルカウンターがオープン
名曲の聴きどころを解説。ピアニスト・福間洸太朗のクラシックガイド #10
コンサート鑑賞にまつわるQ&A
コンサート鑑賞にまつわるQ&A