メディア個別 清楚もゴージャスも叶っちゃうのに簡単すぎる♡華やかハーフアップアレンジ | michill (ミチル) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

清楚もゴージャスも叶っちゃうのに簡単すぎる♡華やかハーフアップアレンジ

第338回 michill (ミチル)
美容学校教員兼スタイリストの野澤琢眞です。ヘアアレンジをすると首元が寒くなってしまうと心配される方も多いと思いますが、かといって毎日ダウンスタイルで過ごすのもなんだか味気ない…。そこで今回は、冬でも使えるハーフアップアレンジをご紹介。寒い季節でも首元が寒くならないだけではなく、冬のボリュームのあるファッションとのバランスも良く、この季節にはぴったりのヘアアレンジなんです。とってもカンタンなので是非試してみてくださいね!

寒いこの時期こそハーフアップアレンジが大活躍!

ハーフアップアレンジは、ふんわり巻いて清楚な雰囲気を演出したい時はもちろん、しっかりと巻いてあげれば華やかでゴージャスな雰囲気にすることも◎

シーンに応じてアレンジ方法を工夫すれば、かなり応用の効くヘアアレンジなのでオススメですよ!

カンタン♡ハーフアップの作り方

それでは早速ハーフアップアレンジの作り方をご紹介します。今回は巻きをしっかり入れた華やかなハーフアップを作っていきたいと思います。

① まずはヘアアレンジがしやすいように毛先に軽くカールを入れておいて全体に程よくスタイリング剤をつけておきます。

あとで改めて巻き直しますのでこの時点では軽めのカールで大丈夫です。

② 真ん中の髪を2、3回編み込み毛先をゴムで縛ります。この時、ベースのブロッキングがやや楕円形になるように幅を考えて編み込みをするようにして下さい。ゴムもあまりきつく結びすぎないようにして下さい。

③ 初めのブロッキングに沿わせる形で片編み込みをして、両サイドの髪をゴムで縛ります。この時はじめのパートとの間に隙間ができないようにお気をつけ下さい。

サイドの髪が少ない場合はここの工程のみで行い、毛量の多い方は次の工程に進んで下さい。

④ 残りのサイドの髪を後毛を残して同じように隙間が出来ないようにゴムで縛ります。この時、残す下の髪は多過ぎず少な過ぎずが良いので、髪質や毛量に合わせて調整して下さい。

⑤ 最後にベースの髪と毛先を細かく巻けば完成です。

この時なるべく華やかにしたい場合は残った毛先の髪はミニアイロンで細かく波ウェーブを作り毛先が外に向かうように仕上げて下さい。

最後に固まるタイプのスプレーなどを下からかけ、なるべくカールが取れないように工夫するのがおすすめです。

いかがでしたか?

今回のハーフアップアレンジを使えば寒い冬でもお洒落を楽しむ事が出来ますし、いろいろなシーンでヘアアレンジを楽しめます。

ヘアスタイルはファッションにリンクさせて楽しみたいですよね!季節ごとに色々なヘアアレンジを試して、自分に似合うアレンジを探すともっと楽しくなると思います。練習してぜひお試し下さい。

michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。