メディア個別 【兵庫県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!老舗酒造メーカーが作る栗焼酎のパウンドケーキ | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【兵庫県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!老舗酒造メーカーが作る栗焼酎のパウンドケーキ

第806回 OZmall(オズモール)
スイーツ芸人・スイーツなかのさんが都内のアンテナショップで探してきた絶品スイーツをご紹介。今回は、「栗」から、「兵庫わくわく館(有楽町)」の逸品、西山酒造場の「栗果」をお届け。

丹波栗が贅沢にゴロゴロッと!





よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。
今回は、兵庫県の「西山酒造場」が作る「栗果」をご紹介します。兵庫県の栗といえば、丹波栗。栗に詳しくない人でも一度は聞いたことあるでしょう。ご紹介する「栗果」はこの丹波栗を使ったパウンドケーキで、今回の栗スイーツ特集の中で唯一の洋菓子です。手がける西山酒造場さんは、丹波市の酒造メーカーで、その歴史は170年以上。そこで作られる「栗果」はごろっと丸ごと丹波栗を使い、栗焼酎を合わせたお菓子。最近は日本酒や焼酎などお酒を使ったスイーツも増えましたが、長い歴史のあるお店だからこそ、自信を持って作れる味なのだと思います。お酒があまり飲めない僕でも、気づけばどんどん食べ進めていたほどおいしく、栗のうまみが凝縮されているのです。お酒が苦手な人にこそ食べてもらいたい。








まず、「栗果」作りの要となるのが栗焼酎。西山酒造場さんのお酒は、地元の素材にこだわった製法で長く作り続けられています。蔵の近くに流れる竹田川の伏流水が井戸に湧き、この清流の水が生命線。「椿寿天泉(ちんじゅてんせん)」と名付けられた井戸から取れる水は、まろやかな味わいの超軟水で、漫画の『美味しんぼ』でも紹介されたのだとか。こだわる素材は水だけでなく、栗の持つ風味や本来の甘さを引き出すために、通常の麹は使わず清酒用の麹を使います。そうすることで、角がないまろやかな味わいになるそう。このまろやかさはパウンドケーキを食べたときにも感じられます。いわゆるお酒のツーンとした感じがまったくなく、心地よい芳醇さとともに栗の風味が伝わってくる。それは、この麹が活きているからだと感じました。





「栗果」260g(1620円)

カットしたときにゴロゴロッと出てくる、渋皮煮の丹波栗たち。すべて端っこに寄っているのも、隅っこで謙虚に佇んでいるようで、なんだか愛しい。ケーキひとつに4?5個ほど栗が入っているので、切り分けるときは5人分くらいが目安。生地はしっとりとした食感で、栗焼酎の風味がしっかり。丹波栗のホクホク感も合わさって、栗の風味で統一されたバランスのよい甘さがナイスィーツ! 母にすすめたら、とっても気に入って、僕が知らないうちに親族への贈り物で購入していました(笑)。確かに、パッケージのデザインもかわいいからギフトにもいいですね。栗菓子が好きな人にも、お酒が好きな人にもおすすめです。



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ