メディア個別 風邪を引きにくい子の特徴とは? | 「薬&医者いらずな子」に育てる方法 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

風邪を引きにくい子の特徴とは?

第1回 「薬&医者いらずな子」に育てる方法
冬は風邪や体調不良でダウンする子どもが多くなる時期。しかし、なかには体調を崩すことなく、いつも元気な子どももいます。風邪を引きにくい子どもは、どのような特徴があるのでしょうか。また、すぐ風邪を引かない丈夫な体に育てるためには、どうしたらいいでしょうか? 

そこで、『小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない (いらない薬、いらないワクチン教えます)』の著者である、小児科医の鳥海佳代子さんに話を聞きました。

●食事のバランスと規則正しい生活が必須

鳥海さんによると、幼少期の体調と生活リズムや食生活は密接に関わっていると言います。

「やはり野菜や果物を日常的に食べている子は風邪を引きにくいですし、回復も早いです。3食バランスよく食べて、きちんと寝て休息を取る、当たり前のことですが、生活リズムが大事だと思います。ただ、野菜が苦手な子もいると思いますので、食べられるものを中心にできる範囲で、食事のメニューを考えるといいと思います」(鳥海さん、以下同)

まずは、栄養と休息を万全にしたうえで、体力をしっかりつけることが大切なようです。ただ、いくら体力をつけても、人と接触する限りウイルスなどをもらい、体調を崩してしまうこともあります。

「保育園や幼稚園に通い始めたら、突然熱を出すようになったり、風邪を引くようになったりと、戸惑う親御さんも多いです。しかし、いくら体力と免疫力があっても集団で過ごすことで、病原体をもらう確率が高まるもの。そういうときは、『よし来たか!』と思って、どんと構えておいていただきたいと思います」

風邪を引きにくい子の特徴とは?

免疫力をつけるためにも、小学校に上がる前にひと通り病原体に遭遇していた方が良いと鳥海医師は話します。

「結局はどこかでメジャーなウイルスなどの病原体に遭遇するので、小学校に入るまでに一通り色んなウイルス、菌に遭遇しておいた方がいいでしょう。大切なのは、いかに上手に乗り切っていくかというところです。とくに保育園は、小さい時から入るとしょっちゅう熱を出します。多い時で週1回は必ず熱を出すとか、一番ひどいケースは通い始めたものの、月の半分が行けなかったというケースもあります。何のために保育園に入れたのか分からない状態ですよね」

とはいえ、年齢によっては注意も必要だと言います。

「0歳から1歳はまだ体力がないですし、言葉で症状を伝えることもできません。そういう意味では、人ごみや不特定多数の人がいるところに行き、インフルエンザやロタウイルスといった、強いウイルスをもらうことはやはり不安です。もしインフルエンザが流行っている期間は、出歩くことを控えるのも手です。大事なのは、集団生活がスタートする段階で、最初からバックアップ体制を整えておくこと。祖父母が近くにいる人は、あらかじめサポートをお願いしておくとか、病児保育について調べておくなど、準備をしておきましょう」

まとめると、まずは栄養バランスが取れた食事と、規則正しい生活でウイルスに強い身体づくりを心掛けること、そしてウイルスを過剰に防衛するだけではなく、少しずつ集団生活にふれさせることも大事になるようです。

(取材・文=末吉陽子/やじろべえ)

お話をお聞きした人

鳥海佳代子
鳥海佳代子
とりうみこどもクリニック副院長
小児科専門医 とりうみこどもクリニック副院長。小児医療の第一線で18年以上の経験を持ち、地域の中核病院など17か所の病院で、勤務。市の子育て応援講座で、定期的に小児科受診とホームケアのコツについて講演。その他、“自己肯定感を育む子育て”などについて各地で講演。NHKラジオ第一などメディア出演、掲載多数。著作『小児科医が教える 子どもが病気のときどうすればいいかがわかる本』KADOKAWA中経出版、『小児科医は自分の子どもに薬をのませない』マキノ出版
小児科専門医 とりうみこどもクリニック副院長。小児医療の第一線で18年以上の経験を持ち、地域の中核病院など17か所の病院で、勤務。市の子育て応援講座で、定期的に小児科受診とホームケアのコツについて講演。その他、“自己肯定感を育む子育て”などについて各地で講演。NHKラジオ第一などメディア出演、掲載多数。著作『小児科医が教える 子どもが病気のときどうすればいいかがわかる本』KADOKAWA中経出版、『小児科医は自分の子どもに薬をのませない』マキノ出版

関連書籍

小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない (いらない薬、いらないワクチン教えます)
小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない (いらない薬、いらないワクチン教えます)
鳥海佳代子
1,404円
いらない薬、いらないワクチン教えます。 「熱冷ましについて、こんなに詳しく聞いたのは初めて! 」 「ワクチンの方針を迷っていたけれど、心から納得できた! 」 お母さんたちから「なんでも聞きやすい」と言われ、診療時間が長くなることもしばしば。年間1万人以上の子どもを診察してきた現役小児科医が、薬やワクチンの是非について 本音で語ります。
いらない薬、いらないワクチン教えます。 「熱冷ましについて、こんなに詳しく聞いたのは初めて! 」 「ワクチンの方針を迷っていたけれど、心から納得できた! 」 お母さんたちから「なんでも聞きやすい」と言われ、診療時間が長くなることもしばしば。年間1万人以上の子どもを診察してきた現役小児科医が、薬やワクチンの是非について 本音で語ります。
小児科医が教える 子どもが病気のときどうすればいいかがわかる本
小児科医が教える 子どもが病気のときどうすればいいかがわかる本
鳥海佳代子
2,589円
発熱、咳、嘔吐、下痢、肌荒れなど1万人の子どもをみてきた新生児検診・乳幼児健診のプロだから言えるホームケアのポイントと受診のコツ。
発熱、咳、嘔吐、下痢、肌荒れなど1万人の子どもをみてきた新生児検診・乳幼児健診のプロだから言えるホームケアのポイントと受診のコツ。
日本一忙しい小児科医が教える 病気にならない子育て術
日本一忙しい小児科医が教える 病気にならない子育て術
鈴木 幹啓
1,080円
人口わずか3万人足らず。和歌山県新宮市の「すずきこどもクリニック」には市内外から年間約5万人もの患者が訪れる。1日平均180人、多い日は350人を超える悩める母子の駆け込み寺的な小児科医だ。これまで通算50万人以上の病める子供達を見続けてきた鈴木幹啓院長が小児科医になったのは、ある子供の死がきっかけ。鈴木医師は大人と子供とでは「死の悲しさに差がある」という。そんな鈴木院長が警鐘を鳴らすのは「子供の病気はほとんど親が原因」という衝撃的事実。その真相とは!?
人口わずか3万人足らず。和歌山県新宮市の「すずきこどもクリニック」には市内外から年間約5万人もの患者が訪れる。1日平均180人、多い日は350人を超える悩める母子の駆け込み寺的な小児科医だ。これまで通算50万人以上の病める子供達を見続けてきた鈴木幹啓院長が小児科医になったのは、ある子供の死がきっかけ。鈴木医師は大人と子供とでは「死の悲しさに差がある」という。そんな鈴木院長が警鐘を鳴らすのは「子供の病気はほとんど親が原因」という衝撃的事実。その真相とは!?

あなたにおすすめ

ピックアップ