メディア個別 “場違いな私の挑戦”後編☆スーパーモンブランとあまおうナポレオンパイは全てが超スーパー!&高級スイーツを優雅に食そうの巻 | LIMIA | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
“場違いな私の挑戦”後編☆スーパーモンブランとあまおうナポレオンパイは全てが超スーパー!&高級スイーツを優雅に食そうの巻 

“場違いな私の挑戦”後編☆スーパーモンブランとあまおうナポレオンパイは全てが超スーパー!&高級スイーツを優雅に食そうの巻
~LIMIA~

私にとってホテルのスイーツってセレブのイメージ。「お高いし、どれだけ美味しいのだ? お値段相当なのか、はたまたお値段以上なのか?」という疑問を胸に向かった先は、高級ラグジュアリーホテル“ニューオータニ”の24階にある「ベイコートカフェ」。前回の記事では、実際に食してみて「確かにお値段はお高いが、その味はお値段以上の美味しさ」という事が判明した。調子に乗った私は、さらなるオーダーを続ける。「パンケーキも素晴らしいが、カフェといえばケーキだろう」と……。キラキラとした異世界に足を踏み入れた場違い平民・ayatasoの運命や、いかに。

〜 これまでのあらすじ 〜 セレブ空間に舞い込んだ平民の軌跡

前編はこちらにクリップされた記事で確認できます。

“場違いな私の挑戦”前編☆食べる価値有り!ニューオータニのスイーツが激しく美味しくて悶えた件。舌鼓連打、の巻。

「スーパー」と聞いたらサイヤ人。そんな私がスーパーなモンブランに出会った


相変わらずブラックコーヒーは飲めない私ですが、スジャータではない、生クリームを入れて飲む贅沢な美味しさを知ってしまいました。

再びメニューを手に、ケーキの種類を確認する私。
ふむふむ、どれも美味しそうだ。
でも、なんだろう。ケーキたちも美しい仕上がりなのだが、先に頂いたパンケーキに比べると見た目的なインパクトが少ないような印象を受ける。

そういえば、このニューオータニのロビーにあるラウンジになんだかとても魅力的なスイーツのポスターを見かけた気が……。
しかし、名前が思い出せない。
見た目はうっすら覚えている。
せっかくなら、それを食べてみたい。
だがしかし、ここは28階。
同じホテル内でも、ロビー階のラウンジから運んできてくれたりするのだろうか?

あっ、どうせなら、ここで一旦お会計を済ませて、ロビーのラウンジに移動する?
否、だめだ。最初のオーダーでいったん下げられたメニューを再び店員さんにお願いして持ってきてもらったんだった……。
「また何か頼みます」って雰囲気がバレバレではないか……。
それでいきなり帰るとか格好悪すぎるよ……。

この時の私はどう逃げるかどうこのピンチを回避するか、それだけを考えて必死であった。

想像してもらいたい。
高級な雰囲気の落ち着いたカフェで周りのお客様が優雅に笑いながらティータイムを楽しんでいる中、
ソファーに座ってよくわからない不審な挙動を示す一人の平民。
しかも金髪。

助けて下さい。
誰か 助けて下さい。
今の私の心の叫びは「世界の中心で、愛をさけぶ」のそれに勝る。
そんな勢いだ。
しかし、誰も助けてはくれないのだ。
私には援軍の用意はないのだから。
自力でこのピンチを撤退しなければならない。

このセレブ空間をクリアするには、まず己を倒すことで初めて、希望の光が見えるのだ。
菅原文太さんよ私に勇気を与えてください。
(追われる者より,追う者の方が強いんじゃー!!!) 心の叫び by 仁義なき戦い


ナポレオンパイってつまりはこのようなミルフィーユ的ケーキですよね?

でもそんなことを脳内で考えていたら、私から滲み出る“何かお困りですオーラ”が店員さんに伝わったらしい。
店員さんがこちらを見ていた。
「なにかございましたか?」みたいな表情で見ていた。

私の脳内はもはやケーキを飛び越えて菅原文太さんで一杯だったので、そのままこちらへ近づいてくる店員さんが話しかけてくれるのをただじっと、待つしかない。

そして、目の前に店員さんが到達するなり私はこう言った。
「ポスターのケーキはなんですか?」

主語述語が抜けたこの発言。
何のために心の中であんなに作戦を練ったのかと自分を問いつめたい今日この頃。

しかし、そんな意味不明な私の質問をしっかりと理解してくれる店員さんはさすがプロ。
「今の季節おすすめのあまおうイチゴを使ったナポレオンパイですね?」
笑顔でそう答えてくれた。

モンブランも食べたかった私は、モンブランも一緒に出してもらえるようにお願いすると、店員さんはこう返してくる。
「人気のスーパーモンブランのご用意もございますよ」

スーパーモンブラン……ですと!?

脳内からやっと消え去った菅原文太さんとシフトして、鳥山明さんの名作「ドラゴンボール」に登場するスーパーサイヤ人が新たに浮かび上がる私。
この際、この場で「ドラゴンボールって何ですか」的な苦情は受け付けない。
あれは名作。

店員さんの説明によると、スーパーモンブランだったり、スーパーショートケーキだったり、「スーパーシリーズ」はとてもスペシャルなケーキなのだとか。
それを聞いたら、普通のモンブランよりもスーパーなモンブランを食べてみないと。

そんなわけで、ストロベリーフェア代表選手として“あまおうナポレオンパイ”を。
スーパー系代表選手として“スーパーモンブラン”を無事にオーダー完了。
あとは心穏やかに、ケーキの登場を待つのみだ。

予想を上回る大きさに“聞いてないよ”

丁重にテーブルがセットされ、ケーキを食べる準備は万端となり……。

運ばれてきたケーキはそれぞれのサイズが想像を上回る大きさで、テーブルの上にぎりぎり並べられる、という感じになった。

手前に置かれたスーパーモンブランのほうから食べてみることにしよう。

通常であれば洋風なもの、という位置付けのモンブランですが、スーパーモンブランは一味違う。
和風テイストのモンブランが特徴です。
「本当の和栗の美味しさ」を伝えたくて作り続けているケーキと言われています。
なので、どことなく京都の上生菓子を彷彿とさせる気品を感じる。
香りもほんのりと和菓子っぽい。

そしてなにより第一印象として、そのサイズ感。
大きい。
巨大、と言っても過言ではないほどに、大きい。
フォークとナイフを出された意味が、実物を見ると一目瞭然。理解できました。
これはフォークだけでは食べづらい……。

桃太郎の如く、割ってみる

真ん中からカットしてみると、ナイフを握る手に伝わる「層」。
刃先がお皿にたどり着くまでに、様々な感触を感じるわけです。

それもそのはず。
このスーパーモンブランのこだわりは一層一層、緻密に計算して作られているところ。
それによって、ケーキを口に入れた瞬間に「美味しい層」が絶妙なバランスで重なりあうことで、栗本来の味をより一層高めてくれる、というのだ。

美味しさだけではなく、ヘルシーさへの追求も怠らないスーパーモンブラン。
クリームや葛、土台にビタミンやミネラルが豊富で低脂肪が人気の「ローストアーモンドミルク」を使用してヘルシーかつ和栗の味を引き立たせている。

モンブランの中にすっぽりと丸ごと入った栗は、このように黄色が美しい和栗。

では、この和栗を支える茶色っぽい部分は、何でできていると思いますか?
フランス菓子でよく見かけるマロンペーストやマロンピューレにも見えますが……。

あんこが調和。これぞ和洋折衷、奇跡のモンブラン

この部分、葛とローストアーモンドミルクで作られたぷるぷるとした葛もちのような……それよりももっと滑らかな層になっているのです。
その中には黒蜜あんこが混ぜ込まれておりまして……見えるでしょうか? このあずきのツブツブ。
この部分だけ見ると和菓子をいただいているとしか思えないですよね。
濃厚なテイストになりがちなモンブランというケーキをこんなにもすっきりとした甘さに作り上げるシェフに感服。
しかも、こんなに大きなサイズ、普段ならば途中で胸焼けしてしまう予感。
飽きることなく食べ切れてしまうのも、味覚に変化を与える「層」が生み出す効果ですね。

スーパーモンブランは、ニューオータニ幕張のラウンジやカフェで、お値段は2,000円。
ケーキひとつに2,000円は確かにお高く感じますが、食べてみると納得の「お値段以上の味」です。
提供期間は限られているので、食べてみたい方はお早めに。

さあ、あまおうナポレオンパイの番がやってまいりました

続いて、ストロベリーフェア限定のケーキの中から代表として選んだ「あまおうナポレオンパイ」をいただくことにしましょう。

こちらもスーパーモンブランに負けじとも劣らない、ボリューム満点。
ホテルのケーキというものは、小さくちょこんとお皿に乗せられて登場し、「なにもこんなに大きなお皿に乗せなくても良いのに」と思うのだろうな……と勝手な想像をしていましたが、なんとも嬉しい裏切りであります。
あまおうナポレオンパイは、ニューオータニ幕張のラウンジやカフェで、お値段は800円。
いつもならひとつ800円のカットケーキなんぞ高いよ!!
と思う私ですが「あら、お安いじゃないの」……と、なんだか麻痺してきました……。

そういえば、ナポレオンパイとミルフィーユ。
どのような使い分けをされているのだろう。
ふと、そんな疑問が頭に浮かぶ。

みなさまは、「イチゴのミルフィーユ」で有名な「マキシム・ド・パリ」というショップがあったのをご存知だろうか?
1966年に銀座の地にオープンしたフランス料理店で、後にケーキショップも展開し、そこで看板商品となったのが「イチゴのミルフィーユ」でした。惜しまれつつ、2015年に閉店してしまいましたが……。
そのイチゴのミルフィーユ、ネーミングが発売時からしばらくの間は「ナポレオン・パイ」だったのです。
同一のケーキですが、イチゴのミルフィーユと改名されました。
ということは、ナポレオンパイもミルフィーユの一種なのかしら。

今回の記事では、ナポレオンパイとミルフィーユは同じものとして話を進めたいと思います。
ご了承ください。

ここで突然ですが「ナポレオンパイ(ミルフィーユ)の食べ方講座」

ミルフィーユ……、
そうそう、
食べにくいコイツには食べ方の作法がある。

いろいろとマナー教室によって食べ方に多少の違いはあるものの、以下のイラストのように、大抵このような手順で食べ進めると良いとされている。
まあ詳しいことは、ここにあるイラストに書いてあるので割愛するが、簡単にいうと、立てたまま食べるから見た目が汚くなるのだ。
倒せば良いんです。
要はそういうことだ。

ミルフィーユ的な食べずらいケーキを美しく優雅に食べることを目指す。
そんな私の激闘編。
ここでは、その戦いの全記録をお届けする。

(一部お見苦しい点があること、お許しください)

では実際に、優雅に食べてみよう

もう一度言おう。
立てたまま食べるから見た目が汚くなるのだ。
倒せば良いんです。
倒せば食べやすい。
要はそういうことだ。

早速、フルーツをよける(イラスト3番目手順参照)というところから間違える私は。

そして美しい苺の断面につい惹かれて、クリームから発掘してしまう。

心の中で泣きべそをかきながら格闘すること数分。

そして、計画は失敗した。
ミルフィーユ、優雅に食べられず (つД`)

「諦めたらそこで試合終了だよ」
って安西先生も言っているけれど、もうどうにもこうにも修正できず、フリースタイルで食べきった次第でございます。

セレブへの道は遠い……。

この度の、“場違いな私の挑戦”シリーズ。
様々な想いと葛藤はございましたが、何はさておき、
高級ホテルのカフェスイーツはお高いけれど、それはそれはお値段以上に美味しく、そしてミルフィーユには気をつけろ
っていうお話でした。

あれっ。

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚

ホテルニューオータニ幕張

住所:〒261-0021
千葉市美浜区ひび野2-120-3
TEL:043-297-7777(代表)

ベイコートカフェ
所在地:ニューオータニ幕張 24F
営業時間:11:30~23:00
(ロビー階にあるオールデイダイニングSATSUKIでも注文可能)

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚

Illustration:青木正広(青木デザイン事務所)
Text:平井綾 ayataso(LIMIA編集部)

“場違いな私の挑戦”前編☆食べる価値有り!ニューオータニのスイーツが激しく美味しくて悶えた件。舌鼓連打、の巻。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

筆者profile
名前:ayataso(あやタソ)
東京在住・LIMIA公式ライター。小4の娘の方がしっかりしている1978年7月29日生まれで、まだ伸びると思っている身長147センチ(自称151センチ)。映像制作からスタートした職歴でしたがいつの間にかライター業に落ち着いたのは、書く事が楽しいから。ドライブと街散策でいろいろなものを見て回ったり、新しモノ好きなので新商品チェックは欠かさない。お気に入りの情報やニュースを発信する事が好きなのでInstagram、Facebook、Blogは大切なライフパートナー。毎日、じゃ◯りこと言う某お菓子を食べないと機能停止する持病を抱えている。

配信元

この記事へのご意見はこちら
PAGETOP