メディア個別 ウィル・スミス、妻ジェイダと2パックの関係に不安一杯だった!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ウィル・スミス、妻ジェイダと2パックの関係に不安一杯だった!?

第943回 海外スターの最新ニュース

ウィル・スミスは、妻ジェイダ・ピンケット・スミスがラップ界のレジェンド、故2パックと仲が良かったことが不安でしょうがなかったそうだ。ジェイダと2パックはボルチモア芸術学校で出会い、1996年に2パックが凶弾に倒れ25歳の若さで他界するまで親しい関係を保っていたが、ウィルの心境は穏やかではなかったという。

1997年にジェイダと結婚したウィルは、妻と2パックの間には恋愛感情がないとは知っていたものの、2人の間の友情に嫉妬する部分があったそうだ。

『ザ・ブレックファスト・クラブ』に出演した際ウィルは、こう話している。「2パックに心を開くことが出来なかったんだ。ちょっとしたことがあったからね。2人は一緒に育って、性的な関係はなかったけどお互いを愛していたんだ。そして、その可能性がある年齢になっていたけど、その時ジェイダは僕と付き合っていた。だから2パックはちょっとそこが気にいらなかったんだろうね。でも彼女は完璧なイメージかのように彼を愛してた。でも彼女が付き合っていたのは『(ウィルのラッパー時代の名前である)フレッシュ・プリンス』だったわけさ」

また2パックと仲良くなるチャンスは幾らでもあったものの、自身のエゴが邪魔したそうで「一緒の部屋にいたことが何回かあったけど、僕は彼に話しかけることすら出来なかった。僕が話さないと彼だって話さないだろ」と続ける。さらに、2人は気の合う友人になっていたかもしれないと指摘されると「そうだね。ジェイダはいつもそう言っていたよ。『あなた達2人はとてもよく似ているから、きっと彼のことを気に入るはずよ』ってね。でもね、僕にはそれが出来なかった。ひどく後悔しているよ。僕はフィラデルフィア出身のソフトなラッパーで、彼は2パックだった。わかるかい?僕は全く自信がなかったんだ。その関係を受け入れられるほどの男ではなかったんだよ」と胸中を明かした。

あなたにおすすめ

ピックアップ