メディア個別 フローレンス・ピュー、スカーレット・ヨハンソンにアカデミー賞ガイドを依頼!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

フローレンス・ピュー、スカーレット・ヨハンソンにアカデミー賞ガイドを依頼!?

第945回 海外スターの最新ニュース

フローレンス・ピューは、アカデミー賞式典で自身を導いてくれるようスカーレット・ヨハンソンに依頼しているそうだ。『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』と『ジョジョ・ラビット』でそれぞれ助演女優賞にノミネートされているフローレンスとスカーレットだが、フローレンスは『ブラック・ウィドウ』の共演者であるスカーレットに、式典中の助けを求めたようだ。

フローレンスは、『エンターテイメント・トゥナイト』にこう話す。「凄いことになるわ」「スカーレットにショートメールを送ってあるの。『あなたには私の手をとって、この全ての体験を一緒に歩いてもらうことになるって分かってるわよね』って」

またスカーレットがタイトルロールを演じる新作『ブラック・ウィドウ』が今年5月に日本公開予定のフローレンスだが、朝早く起きて13日(月)のアカデミー賞ノミネート発表放送を観ることはなかったという。「私は寝ていたの。今朝観なかったわ。きっと理由もなくパニくっていたと思うし」「『寝ることにするわ』って言ったら、私の広報担当者に『そうするなら、念のため、最低でも電話の音量を上げておいてくださいよ』って言われたわ」「そして今朝5時半から電話が鳴り始めた。とてもショックを受けたわ。2分間叫び続けたわね」

『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』はこのほか、作品賞と脚色賞、またシアーシャ・ローナンが主演女優賞など計6部門にノミネートされているが、フローレンスは、グレタ・ガーウィグが監督賞から外れ、候補者が男性監督だけになっていることに関し、こう語っている。「ひどく動揺させられるわね。未だ会話でとどまっているのが残念だわ。グレタは、文字通りこのことを映画にしたのよ」「彼女は働く女性、そして彼女達の金銭面のこと、また男性社会で働くことについて映画を作ったわ」「『わたしの若草物語』はまさしくこのことについて。だから、(女性監督がノミネートされなかったことは)この問題がどれほど大切かをより強調してる。だって今でもそれが起こっているんだもの」

一方で今月3日に24歳の誕生日を迎えたフローレンスは、アカデミー賞ノミネートのニュースの前には、ヴォーグの表紙を飾る仕事の話もきており、素晴らしい年明けを迎えているようだ。

ピックアップ

『ゴシップガール』のジェシカ・ゾア、第1子を妊娠
ジェームズ・ガン、ジョン・シナ主演の『ザ・スーサイド・スクワッド』スピンオフドラマで監督へ
ライアン・ゴズリング、デヴィッド・リーチ監督新作でまたスタントマン役!
マーク・ウォールバーグ、学校にマスク130万枚を寄付