メディア個別 短い髪でもOK!スタイリストが教える簡単&華やかヘアアレンジ2選♡ | michill (ミチル) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

短い髪でもOK!スタイリストが教える簡単&華やかヘアアレンジ2選♡

第421回 michill (ミチル)
美容学校教員兼スタイリストの野澤琢眞です。髪が短いとどうしてもヘアアレンジが難しかったり、レパートリーが少なくなってしまうと困っている方も多いと思います。が、少しの工夫でヘアアレンジを楽しむ事は出来ます。今回は髪の短い方でも簡単に出来るヘアアレンジをご紹介します。

短い髪をヘアアレンジする場合の注意点

短い髪をヘアアレンジする際は長い髪の時よりも少し難易度が上がるため下ごしらえをしっかりするようにして下さい。

スタイリング剤を適量つけて毛先をある程度巻いておく他、使う道具にも気をつけて下さい。

ゴムやピンを使ってヘアアレンジをしていきますが、短い髪は髪自体が丈夫であることが多いため、なるべく頑丈で切れにくいゴムと、挟む力の強いピンを準備してください。

短い髪でもOK!おしゃれハーフアップの作り方

① 毛先はヘアアレンジがしやすいように軽く丸みをつけてスタイリング剤を適量つけておいてください。こちらのアレンジは肩くらいの髪の長さがあればOKですが、極端に段があると難しいので予めご了承下さい。

② 中心からやや左にずらして真ん中の髪を2、3回編み込み、ゴムで縛ります。

このパートはブロッキングに丸みを帯させることが大切ですので編み込む際には気をつけて下さい。

③ 左サイドの髪は少なくなっているので全ての髪を片編み込みして、右側サイドの髪は毛量が多いので半分だけ片編み込みをして1つにした後ゴムで縛り、くるりんぱをして収めます。

④ 残りの右サイドの髪も肩編み込みをして真ん中に持っていきますが、ゴムで留める反対サイドの髪がない為ここはピンを使って固定します。

この時になるべく全てのパートの間に隙間が出来ないように気をつけて下さい。これで1つ目のヘアアレンジのベースが完成です。

ここに適度に崩しを加えて、毛先をアイロンで細かく巻けばハーフアップアレンジが完成します。

ピンの部分を隠すようにバレッタなどで目隠しをするとおしゃれ感もアップできますよ!

1つ目のアレンジを応用!イベントやお出かけにピッタリの華やかアップスタイル♡

続いてこのスタイルを応用して2つ目のスタイルを作っていきます。

残しておいた下の髪でねじり編み込みをして、右から左へねじっていきます。ある程度ねじったら、その場でピンで固定します。

隙間が空きそうな場合はピンを何本か使って固定して下さい。

この部分はねじりが弱いとたるみやすくなってしまうので、なるべく細かめに結んでしっかりとねじりをつけて下さい。

その後、ルーズ感を出す為に程よく髪を引き出し、崩しを入れます。

髪が短いので引き出しすぎると崩れてしまうので、少しだけ崩しを入れるのがポイント。ピンで留めた部分にバレッタをつけ直して完成です!

いかがでしたか?

短い髪でも、全く雰囲気の違う2パターンのヘアアレンジを作る事が出来ました。細かくパートを作って順番に髪をまとめていけば、短い髪でも比較的簡単にヘアアレンジを作る事が出来ます。

今回ご紹介したヘアアレンジを、これからのイベントやお出かけにご活用下さい!


michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。