メディア個別 【愛媛県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!40年以上愛される四国を代表する栗タルト | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【愛媛県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!40年以上愛される四国を代表する栗タルト

第833回 OZmall(オズモール)
スイーツ芸人・スイーツなかのさんが都内のアンテナショップで探してきた絶品スイーツをご紹介。今回のテーマ「栗」から、「香川・愛媛せとうち旬彩館(新橋)」の逸品、ハタダの「ハタダ栗タルト」をお届け。

巻きは一つひとつが手作業!





よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。
今回は、愛媛県の「ハタダ」が作る「ハタダ栗タルト」をご紹介します。四国出身の方はなじみのあるお菓子ではないでしょうか。ハタダさんは愛媛のお店ですが四国銘菓としても有名で、ハタダさんといえば栗タルト、そのくらい代表的なお菓子です。今回、栗スイーツを特集すると決まって、最初に頭に浮かんだのも、「ハタダ栗タルト」でした。ただ、この“タルト”という言葉。僕もそうですが、東京に住んでるとやっぱり焼き菓子のイメージがありますよね。「ハタダ栗タルト」は、どう見てもサクサク系ではありません(笑)では、いったい、なぜタルト? 実は、このタルトの語源はポルトガル菓子の「トルタ」からきています。








初代松山藩主・松平定行が長崎県へ赴任していたときのこと。長崎の土地で、ポルトガルから伝わったカステラをジャムで巻いたお菓子を大変気に入りました。これが、トルタというお菓子。松山へ帰るとすぐ職人に作らせ、ジャムの代わりに餡(あん)を巻き、名前も「タルト」へ変わっていったそう。今では四国の郷土菓子になり、ハタダさんもこの伝統的な製法をもとにお菓子作りを始めました。「ハタダ栗タルト」は、柚子を合わせたこし餡をベースに、刻んだ栗を入れています。これをカステラ生地で巻いて完成。包む生地のふっくらとした食感、餡のなめらかさと心地よい舌触りの栗のつぶつぶ感、爽やかな後味。そのひと口ひと口にホッとする甘さが広がり、ナイスィーツ!





「ハタダ栗タルト」左から1個130円、1本864円

誕生が1975年なので、もう作り続けて40年以上。それだけ歴史を持つお菓子ですが、実は昨年大きくリニューアルしています。パッケージデザインが変わったり、栗を増量したりと、ロングセラー商品を扱ううえで、これは本当に大きな挑戦だと思います。パッケージにはモダンさを取り入れつつ、生地の肌色をイメージしたやさしい色合いに。これは「変わらぬおいしさ」を表現しているそうで、昔から愛してくれているお客さんへの想いも伝わってきます。昔から機械ではなく一つひとつ手作業で生地が巻かれているという工程も、おいしいものを届けたい、そんな気持ちが変わりなく受け継がれている証だと思いました。歴史のある栗タルトをぜひ召し上がってください!



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

【秋旅×マイクロツーリズム】圧倒的な自然と絶景でリトリート!心と体が整う白馬の旅_長野県
【顔のむくみの原因や予防法を紹介】水分を汗や尿などから排出する力が弱まっているかも?
当たり前のように給与から引かれる社会保険ってなに?知っておきたいポイントをFPがわかりやすく解説
ポケットに入るサイズ感が嬉しい。上品な光沢感が魅力の2つ折り財布【誕生日プレゼント特集】