メディア個別 【マネー入門】電力会社を乗り換えたらどれくらい電気代が安くなるの?電気代の節約法をFPが解説 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【マネー入門】電力会社を乗り換えたらどれくらい電気代が安くなるの?電気代の節約法をFPが解説

第840回 OZmall(オズモール)
毎月かかる電気代が少しでも安くなれば、と思っている人も多いはず。なにから手を付ければいいの? 電力会社を切り替えたら、電気代が安くなったと聞いたことがあるけれど実際どうなの? そんな電気代の節約方法について、ファイナンシャルプランナーの西山美紀さんに聞いてみました。

まず確認したいのが「契約アンペア数」





※製品の種類や使用状況によって異なります

電気代の節約というと、こまめに部屋の電気を消して、テレビなどの主電源を切って…というイメージが。西山さんによると、確かに少しは節約になっても、実は微々たるものなんだとか。

「簡単で大きな効果がある節約法は、契約アンペア数を見直すことです。30アンペア、40アンペアなどと、我が家で契約しているアンペア数を知っていますか? アンペア数に応じて基本料金が決まっているため、もし、30アンペアで十分なのに40アンペアで契約していると、無駄な電気代を払っていることになります。契約アンペア数を下げると、その分電気代が減らせます」と西山さん。

ではどれくらいのアンペア数を契約すればいいの?
「一度に使う電気量を目安にしましょう。40アンペア以上同時に使う場合は、30アンペアの契約では、ブレイカーが落ちてしまうことに。
電気機器の機種や使いかたなどによっても異なりますが、例えば、炊飯器は13アンペア、ドライヤーは12アンペア、電気ケトルは10アンペアなど比較的高めです。同時に使うと35アンペアになりますが、これらの電気機器を同時に使わなければ、契約アンペア数を下げても大丈夫だというわけ。一般的には1人暮らしなら20~30A、家族が多い方なら40~60Aくらいが目安です」(西山さん)

日常的に使っている冷蔵庫や照明を含め、マックスで使う場合はどれくらいかを合計して、そこから契約アンペア数を決めてみよう。



マンションやアパートでもOK!「電力会社」を見直し





ほかにも電気代を見直せる方法ってあるの?
「2016年4月の電力自由化により、さまざまな電力会社を自分で選ぶことができるようになりました。例えば、東京電力エリアの方なら、約60社の電力会社や企業から選べます。さらに、電気料金プランも増えてきて、自分の使い方にあった電力会社やプランを選べば、電気代を下げられる可能性大ですよ」(西山さん)

マンションやアパートに住んでいても電力会社を変えられるの?
「電力会社はマンションやアパートごとではなく、基本的に入居者ごとに選ぶことができます。ちなみに、私自身もマンション住まいですが、検討して違う電力会社に変え、電気代が少し安くなりました。電気の使い心地が違うといったことは、もちろんありません。一度変更の手続きをしたら、今までと同じように生活ができています」と西山さん。



電力会社を変える際に、押さえておきたいポイントは?





では、電力会社を変えると、どれくらい安くなるの?

「選ぶ電力会社によっても異なりますが、シミュレーション例を見てみましょう。
『1人暮らしで、平日は家にいなく、夜型の人』で、電気代が月4000円程度の場合。乗り換え割引などにより、初年度が最大約1万9700円お得になるものもあります。
『4人暮らしで、日中家族の半分が家にいて、夜間は全員寝ている家庭』で、電気代が月1万2000円程度の場合。こちらも乗り換え割引などにより、初年度が最大約2万5000円お得になるものも。
これはあくまでも一例ですが、その他、ガスや車のガソリン、携帯電話とのセットプランなどによる割引があったり、ポイントがたまる電力会社もあります」と西山さん。

1人暮らしなのか、家族と複数人で住んでいるのか、また電気をよく使う時間帯(日中、または夜間など)や電気を多く使うかどうかによっても、お得なものは変わるので、比較サイトなどでぜひ調べてみよう。
西山さんによると、シミュレーションする際には、現在の電気量や電気代などを入力するために、「電気ご使用量のお知らせ」という検針票が手元にあると便利なんだそう。さらに過去何か月分かあると、より今の自分にあった電力会社やプランを選ぶことができるよう。

注意するべきことはある?
「ひとつ気を付けたいことが、一度電力会社を切り替えて、1年以内に再度切り替えたいと思ったら、契約解除料(いわゆる違約金)が発生する場合があるということ。違約金がないものもありますが、念のため確認しておきましょう。できるだけ、切り替え後は1年以上続けるつもりで検討したいですね」(西山さん)



教えてくれた人



西山美紀さん

出版社で編集・マーケティングを経験後、独立してファイナンシャルプランナーの資格を取得。単に貯蓄額を増やすのではなく、うるおいのある毎日になるためのお金の貯め方・使い方について女性誌やWEB等で発信中。著書『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)。男女の子を持つ二児の母。



提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ