メディア個別 100均グッズでお風呂場&洗面台の水垢汚れを解決!吊るす・浮かせる収納アイデア集 | michill (ミチル) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

100均グッズでお風呂場&洗面台の水垢汚れを解決!吊るす・浮かせる収納アイデア集

第462回 michill (ミチル)
お風呂や洗面台に現れるピンク色の水垢。これはシャンプーボトルなどに水分や石鹸カスが残ることによって発生する菌です。これを退治するには収納方法を見直して掃除をしやすくする事。今回は100円アイテムを最大限に利用し、2020年も気持ちよい家事を実行できる方法をご紹介します!

こんなお風呂場は嫌だ!発見した水垢の正体とは?

お風呂場の浴槽の一部にピンク色の水垢が!手で擦ってもすぐには取れません。

これ、一見カビと思ってしまいがちですが、「ロドトルラ菌」という酵母菌なんです。人間に害はほとんどないそうですが、それでも清潔を保つ場所にこのような菌があるのは正直気持ちのよいものではありません。

例えばこのように直接物を置いてしまったり、または換気がされづらい環境にあると室内が乾きづらくなります。

そこに掃除しきれなかった石鹸カスが残ることにより、ロドトルラ菌が発生するのです。そうならないためには隅々まで徹底的に掃除をすることが理想ですが、なかなかそれは大変。

それならお風呂や洗面所で使うアイテムや掃除グッズなどの置き場所を工夫すれば、掃除も簡単になり室内を水垢から守る事ができるのです。

すぐ買える!水周りを清潔に保てる100円アイテム

身近な場所ですぐ買えると言えばやはり100円ショップですよね。今回ご紹介するのは、セリア、ダイソーで販売中のアイテム。

収納を見直すことにより、掃除が楽になるメリットもあります。

①吊るして使う

こちらはセリアの「ステンレススリムボトルハンキングフック」。

メイク落としを吊るします。これなら水で濡れた手でボトルを触っても、直接洗い台に付くことはありません。

立ったままその場でポンプを動かせるし、とっても楽なんですよ。掃除の時はフックを取るだけの簡単作業です。

こちらもセリアの「引っかけられる湯おけホルダー」です。

桶と言えば洗い台に置くイメージですが、今は掛ける時代!

なんと桶専用、壁に桶を吊るすフックなんです。我が家のようなちょっと変わった形の桶でも掛けられます。

お掃除グッズはダイソーの「レバー式吸盤フック」を使用。壁の水を切るスクイジー、バススポンジを掛けています。

これは吸盤タイプではあるのですが、レバーがついている強力な吸盤!

普通の吸盤よりも落ちづらいので、ずっと愛用しています。掃除後は窓を開けて水分を飛ばし、吊るすことでお掃除グッズの乾きが早くなりました。

そして必需品でもあるお風呂洗剤。

こちらは100円ショップのものではありませんが、スプレータイプならタオルバーを使って掛ければ場所を取らなくて済みますよ。

②浮かせて使う

浮かせて使う方法もあります。

こちらは洗面台で使っているセリアの「ソープディッシュ」。我が家はボトルタイプを使っていますが、これをソープディッシュの上にのせることも可能です。

ボトルタイプでも数回使えば、底部分や周りにベッタリと石鹸が付いていることがあるんです。

置き場所を水切りしやすい環境にすれば、使った後にさっと底を拭けば水垢は防げます。

水垢を防ぐためには、使っているものをまずは清潔に保つことが大切!

「吊るす」「浮かす」この2つの方法を取り入れれば、水垢知らずの空間を維持できます。さらにお掃除も作業時間が今までよりも短縮されるので本当に楽になりました!

綺麗な環境は健康にも繋がります。皆さんも是非試してみてくださいね。

michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ