メディア個別 パパも引いちゃう?男性が考える“オバサンの境界線”1位は | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

パパも引いちゃう?男性が考える“オバサンの境界線”1位は
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

この間、夫とテレビを一緒に見ている時、私がブルゾンちえみにドはまりして、手を叩いてうきゃうきゃ笑っていたら、夫が「笑い方オバサン臭くなってるよ」と、ひと言。

あれ…、私ってばダメウーマン?

髪が少し薄くなったり、お腹が出たり。そういえば、長年連れ添った夫の老けようには気付いたけど、それは夫もまた然り、優しさから言わなかっただけなのかも。世のなかの夫たちは、妻のどんな特徴に本音ではドン引きしているのだろう。

言わぬ内心を知るべく、あれこれ探してみると、PR事業を手掛ける株式会社タイムカレントが2013年5月に実施した、「オトナ女性の仕草や行動に関する意識調査結果」にたどり着いた。同調査は、全国の20~40代男女377名を対象に調査したもの。そのなかに、「Q.同じ年齢であっても行動や仕草で相手に与える印象が異なると思いますが、オトナ女性とおばさんの境界線はどんなことだと思いますか?<MA/男性:上位10項目>」という設問があり、これは気になる。早速上位から結果を紹介しよう。
井戸端会議
 

●男性は言わないだけで内心気にしている場合も…

Q.同じ年齢であっても行動や仕草で相手に与える印象が異なると思いますが、オトナ女性とおばさんの境界線はどんなことだと思いますか?
※それぞれの詳しい割合数値は、公表されている項目とされていない項目があるため割愛

1位  体型を気にしなくなる
2位  ムダ毛処理や肌ケアをサボる
3位  大きな声でしゃべる
4位  ノーメイクや手抜きメイクの日常化
5位  「最近の若い子は」などのネガティブトーク
6位  「よっこらしょ」と立ち上がる
7位  外出が面倒になる
8位  人と会うのが面倒になる
9位  ひと世代前に流行ったメイクやファッションのまま
10位 過去の武勇伝自慢が好きになる
ちなみに、1位2位は、男女共通とのこと。性別問わず、体型やムダ毛ケアなど、自分がどうみられようと気にしなくなることは、「オバサン化」の象徴と考える人が多いみたい…気を付けて…(´・ω・`)。

私が指摘された笑い方は、3位の項目に当てはまるところか。家にいると、思わず気分もリラックスして大声になりがちだけど、静かに過ごしたい男性は多いのかも。また、メイクについて夫は普段何も言わないことが多いから興味がないのかなと思っていたけど、実は何か思うところはあるけど言わないだけなのかも…。指摘されない=興味がない、というわけではないですもんね。

あなたは夫にオバサン臭くなったと指摘されたことはありますか? それはどんな内容でしたか?
(文・反省川ゆみ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP