メディア個別 北欧の魅力満載!上野の東京都美術館で日本初の本格デンマーク絵画展「ハマスホイとデンマーク絵画」 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

北欧の魅力満載!上野の東京都美術館で日本初の本格デンマーク絵画展「ハマスホイとデンマーク絵画」

19世紀末デンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイの作品約40点を中心とした、日本初の本格的なデンマーク絵画展「ハマスホイとデンマーク絵画」が、2020年1月21日(火)から3月26日(木)まで上野の東京都美術館で開催される。

ハマスホイの作品とともにデンマーク近代絵画の流れを紹介

ヴィルヘルム・ハマスホイ 《画家と妻の肖像、パリ》 1892年 デーヴィズ・コレクション蔵 The David Collection, Copenhagen

ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864~1916)は、身近な人物の肖像や静けさの漂う室内画などを多く描いた画家。20世紀の初めにはローマの国際美術展で一等賞を獲得するなど、国内外で高い評価を得ていたという。

没後はデンマークでも長く忘れられていたものの、1990年代以降は海外の著名な美術館で次々に回顧展が開催されるなど、再び脚光を浴びることに。日本でも2008年に初めて展覧会が開かれると、国内の美術ファンに強い印象を与えた。このたびの展覧会では、ハマスホイの作品をはじめとして、デンマーク近代絵画を歴史の流れとともに紹介する。

どこか初々しさを感じさせる作品 《画家と妻の肖像、パリ》 は、新婚旅行先のパリで描かれたもの。この先、妻のイーダはハマスホイ作品に欠かせないモデルとなる。作品の中に登場するイーダを探しながら、鑑賞するのもいいかも。



デンマーク絵画の黄金期から北欧の漁村を描いた一派まで

ピーザ・スィヴェリーン・クロイア 《スケーイン南海岸の夏の夕べ、アナ・アンガとマリーイ・クロイア》 1893年 ヒアシュプロング・コレクション蔵 (C) The Hirschsprung Collection

今回は、19世紀前半に開花した“デンマーク絵画の黄金期” と呼ばれる時代の素朴な絵画から、印象派風の光の表現を取り入れたスケーイン派の美しい作品、世紀末に活躍した画家たちの特徴的な室内画まで、近代のデンマーク絵画を日本で初めて本格的に紹介する。

第1章「日常礼賛?デンマーク絵画の黄金期」では、身近な自然の美しさを描いた風景画や、親密な雰囲気の肖像画を展示。ここではデンマークの画家たちが、ささやかな日常の礼賛(ほめたたえること)のなかに価値を見出したことが分かる。素朴で穏やかな「市民の芸術」とその価値観は、近代デンマーク文化のベースとなって、後の世代に受け継がれた。

第2章「スケーイン派と北欧の光」のスケーイン派とは、ユラン(ユトランド)半島の漁師町・スケーインで独特の厳しい自然環境や、そこに暮らす漁師たちの姿を描いた一派のこと。スケーイン派の美しい絵画は、今もデンマークの人々を惹きつけている。



幸福な家庭生活を描いた室内画はデンマーク絵画の特徴に

ヴィゴ・ヨハンスン 《春の草花を描く子供たち》 1894年 スケーイン美術館蔵 Art Museums of Skagen

第3章「19世紀末のデンマーク絵画―国際化と室内画の隆盛」では、若手の画家に発表の機会を与えるとともに外国の芸術を紹介する場となった「独立展」を紹介。ここで、デンマークの画壇は大きく活性化することに。

さらに、1880年代以降は、室内を主題とする絵画が人気を博す。そこでは画家の妻や子供たちが登場する温かみのある家庭的な場面が数多く描かれ、そうした「幸福な家庭生活」のイメージを通じて、「親密さ」がデンマーク絵画の特徴のひとつになっていったという。

一方、1900年頃には、誰もいない空間を描いた作品に象徴される、物語性の希薄な室内画が登場。居間や寝室を美的空間として捉える、洗練された表現が進んでいった。北欧の柔らかな光が差し込む、静かで落ち着いた室内空間は、現代の私たちが見てもスタイリッシュな雰囲気を持っている。



北欧の心地よさを大切にする価値観が育てたハマスホイ作品

ヴィルヘルム・ハマスホイ 《室内―開いた扉、ストランゲーゼ30番地》 1905年 デーヴィズ・コレクション蔵 The David Collection, Copenhagen

第4章「ヴィルヘルム・ハマスホイ?首都の静寂のなかで」のなかでは、室内画がさかんになった流れのもとで、あらためてハマスホイの作品を取り上げる。

デンマークの首都コペンハーゲンに生まれたハマスホイは、1890年代半ば頃から徐々に室内画が創作活動の中心となり、自宅を描いた一連の作品によって、国内外からの名声を獲得。描き出される美的空間は、近代の都市生活者に特有のノスタルジーを誘うような、静かな空気を漂わせている。

デンマーク絵画にみられる”何気ない日常に隠れたささやかな幸福”のイメージには、この国の人々が大切にしている価値観”ヒュゲ”(くつろいだ心地よい雰囲気)の原型が見て取れる。室内画は世紀末のコペンハーゲンにとって特徴的なモチーフであり、ハマスホイの特異な才能を生んだフィールドでもある。

そんな土地柄と時代の背景を知って見ていくと、独特の表現で描かれた室内画も、”ヒュゲ”のひとつになるはず。また、音声ガイドには女優の宮沢りえさんが登場!こちらも一緒に楽しんで。

この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。