メディア個別 ヒューゴ・ウィーヴィング、『マトリックス』新作に出演せず | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ヒューゴ・ウィーヴィング、『マトリックス』新作に出演せず

ヒューゴ・ウィーヴィングは、スケジュールの都合により『マトリックス』新作に出演できないという。同シリーズのエージェント・スミス役でおなじみのヒューゴだが、主演の舞台作『ザ・ヴィジット』とスケジュールが重なってしまうため、2021年公開予定のシリーズ第4弾への続投が不可能となっているようだ。

当初は出演を望んでいたというヒューゴだが、ラナ・ウォシャウスキー監督はヒューゴなしで製作を進めることに決めたようだと明かしている。

タイム・アウト誌とのインタビューでヒューゴはこう話す。「残念ではあるけど、(『ザ・ヴィジット』の)オファーが先に来て、その後に『マトリックス』の話が出てきた。でもその時は日程が決定していなかったから、どちらも出来るんじゃないかと思った。8週間かけて日程調整をした。その間は、『ザ・ヴィジット』も正式に引き受けなかった。ラナ・ウォシャウスキーとも連絡を取っていたけど、結局彼女はそのスケジュールじゃ無理だという決断に至った。だから、僕らもスケジュールを調整したんだけど、彼女は気が変わってしまったみたいで、僕ナシで進めているんだよ」

一方『ロード・オブ・ザ・リング』でも知られるヒューゴは、契約面での問題によりマーベル作「アベンジャーズ」の最後の2作品で悪役のレッドスカルから降板していた。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』でその声を担当したヒューゴだったが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』では『ウォーキング・デッド』のロス・マーカンドがその役を演じるに至っていた。