メディア個別 【カップル・夫婦向けマネー講座】2人でお金を管理するコツとは?ライフステージ別の気になるお金についてFPが解説 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【カップル・夫婦向けマネー講座】2人でお金を管理するコツとは?ライフステージ別の気になるお金についてFPが解説

これから結婚する人、そして結婚したばかりの人が直面するのが、お金の管理問題。今まで自分1人で管理したお財布を、夫婦2人で管理することになった場合、どのようにしたらいいの? 夫婦のお金の管理のコツについて、ファイナンシャルプランナーの西山美紀さんに聞いてみました。

最初のお金管理方法が、その後も長年続く可能性大

夫婦でお金を管理することになった場合、どんなことに気をつければいいの?
「なんとなく始めないことが大切です。その方法が定着してしまい、途中で変えたいと思っても、なかなか変えにくくなってしまうので、お金管理は最初が肝心。
その際には、2人でしっかり話し合って始めるようにしましょう。『きっと相手が貯めるだろう』などと委ねてしまい、数年後にいざ住宅を購入する際に貯金を確認したら、お互い全然貯まっていなかったと焦るケースも多いからです」と西山さん。

また、自分はしっかり貯めていたのに、彼は全然貯めていなかった、という話もよくあるそう。

「子どもが生まれる前の時期は、夫婦共働きだとお金に比較的ゆとりがあるので、つい『貯めなくても大丈夫』だと思ってしまいがちです。
2人で少し先のライフプランを話題に出して、「これくらいに住宅を買いたいね」「車はこの時期に欲しい(買い替えたい)ね」「旅行は2年に1回行こうか」などと、それぞれの希望や夢をすり合わせておきましょう」(西山さん)

金額はどれくらいを目安にしたらいいの?
「毎月1万円ずつから貯めはじめ、それぞれ手取り月収の10%以上を目安に、『お給料が入ったらすぐ貯めること』を2人とも習慣にしていくことがおすすめです」(西山さん)



忙しい今の時代は、アプリで入出金を管理して効率化

では、どのように家計管理をしていけばいいの?
「家計管理というと、『家計簿を買ってきて、毎晩計算機をたたきながら、レシートの金額を書き込む』というイメージを持っている人が、まだまだとても多いように感じます。
もちろん、その方法でも楽しんで続けられる方はよいのですが、そうではない方が多いと思います。特に最近はPCやスマホを使うことが増え、文字を書く機会が減り、家計簿が手書きだと続かない方が多いですね」と西山さん。

そこで西山さんがおすすめするのが、スマホのアプリで家計簿をつけること。家計管理アプリを2人で入れて、クレジットカードや銀行口座などを紐づければ、買い物をしたり、銀行の入出金があったりするたびに、自動で家計簿がつけられる。

「夫婦でデータを共有することもできるので便利です。忙しい時代は、家計簿に時間をかけるのではなく、できるだけ省力化して、続けやすい方法を選びましょう」(西山さん)



毎月の確認はなくてOK!年に1回確認を

ほかに家計管理で注意することってある?
「家計管理をしたら、ときどき振り返ることをおすすめします。とは言っても、忙しい2人が毎月振り返るのは大変なので、まずは1年のうちのどこか1カ月分を振り返ってみてください」(西山さん)

振り返るとどんなメリットがあるの?
「『積み重なると意外と大きくなっているもの』『実は無駄なもの』が見つかるかもしれません。毎月行おうとすると義務のように感じてしまうので、キャンペーンのような感覚で、1カ月だけ絞って確認することがおすすめです」と西山さん。

「そして年に1回、貯蓄がどれだけ増えているかを確認しておきましょう。あるときは節約をがんばり、あるときは散財をしていたら、1年通して見てみると貯蓄が増えていないこともあるからです。
年々増えているようであれば、安心です。例えば『1年間で100万円の貯蓄を目指そう』などと2人で目標を立てておき、1年後に達成できているかを確認したいですね」(西山さん)



教えてくれた人



西山美紀さん

出版社で編集・マーケティングを経験後、独立してファイナンシャルプランナーの資格を取得。単に貯蓄額を増やすのではなく、うるおいのある毎日になるためのお金の貯め方・使い方について女性誌やWEB等で発信中。著書『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)。男女の子を持つ二児の母。



提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。