メディア個別 老後に住みたい都道府県ランキング | gooランキング | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

老後に住みたい都道府県ランキング

第106回 gooランキング
仕事や子育てなどを終えた人生のラストステージをどこで暮らすのかは、いずれ誰もが考える問題ですよね。利便性やその土地の空気、頼れる人がそばにいるかどうかなど、重要視する点は人によってさまざまです。そこで今回は、どの都道府県が「老後に住みたい!」と思われているのかを調査、ランキングにしてみました。

1位 東京都
2位 沖縄県
3位 北海道
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「東京都」!


政治・経済の中心地であり、さまざまな流行の発信地として知られている「東京都」が1位にランク・インしました。近年は地方から都市へ移り住む傾向が全体的に強くなっており、住まいを決める際に商業施設が近くにあるか、交通インフラは整っているかというのは、やはり重要なようです。東京は狭い範囲に商業施設などさまざまなものが集中しており、それらにアクセスしやすいことが特長の一つ。日々の利便性や娯楽から、病院やデイサービスなどへの近さまで「快適な老後」のイメージにぴったりなのでしょう。利便性だけでなく、各自治体における生活支援サービスの充実度が総じて高いことや、医療・介護制度や人員が充実していることも1位の理由かもしれませんね。

2位は「沖縄県」!


2位に続いたのは、南国「沖縄県」です。温暖な気候とおおらかな県民性、自然がいっぱいの美しい海…まさに憧れの場所ですよね。真冬でも10度以下になることはめったにない温かさで過ごしやすく、温暖な気候のおかげで独特な自然環境にも恵まれています。美しい景観に囲まれて老後を過ごしたい人に人気なのもうなずけますね。医療や介護、生活支援、認知症対策や社会参加など実生活面に関するデータを見ると、その充実度は平均からやや低めにとどまっていますが、生活の利便性よりも、その魅力的な自然環境が今回の人気を後押ししたようです。

3位は「北海道」!


3位には、2位「沖縄県」とは対照的な雪国「北海道」が選ばれました。こちらも人気のポイントはやはり自然でしょう。とにかく広大な面積のほぼ半分は山地で、盆地や平野、湿地など、豊かな自然が広がっています。また、気候的にも梅雨がなく、夏が涼しいなど過ごしやすい環境となっています。「食べ物がおいしい」というイメージも強そうですね。海の幸や山の幸、ラーメン、ジンギスカンなどのご当地メニューから、新鮮な乳製品でできたスイーツまで、グルメな人なら一度は住んでみたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

便利なところで不自由なく暮らすか、それとも自然に囲まれて穏やかな気持ちで過ごすか。どちらも捨てがたく、悩んでしまいますね。気になる4位~47位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんの老後に住みたいと思う都道府県はどこですか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女:複数回答)
調査期間:2019年8月29日~2019年8月30日

配信元

gooランキング
gooランキング
gooランキングは、ウェブリサーチによるアンケートやアクセス数によるランク付けを元に世の中のあらゆるものをランキングで紹介している、総合ランキングサイトです。
gooランキングは、ウェブリサーチによるアンケートやアクセス数によるランク付けを元に世の中のあらゆるものをランキングで紹介している、総合ランキングサイトです。

あなたにおすすめ

ピックアップ