メディア個別 包丁いらずで超簡単!美肌効果アリのズボラ飯レシピ2選  | 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

包丁いらずで超簡単!美肌効果アリのズボラ飯レシピ2選 

第183回 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック!
仕事帰りやゆっくり休みたい気分の日は、包丁やまな板すら出すのが面倒…と感じることもありますよね。でもお肌のことを考えると良質な栄養素をしっかりと補給したいところ。そこで今回は、美容効果も期待できるズボラ飯のレシピをご紹介します。

美肌効果も期待できるズボラ飯のレシピ 〜チーズ入りじゃがいも餅〜

子ども用のおやつにも最適なチーズ入りじゃがいも餅のレシピです。美肌に欠かせないビタミンCは熱に弱い成分として有名ですが、じゃがいもに含まれるビタミンCはデンプンで保護されているため熱を加えても壊れにくいという特性を持っているそう。

チーズには皮膚や粘膜の健康を保つ「ビタミンA」、肌のターンオーバーをスムーズにサポートする「ビタミンB2」などの成分が豊富に含まれています。

〜チーズ入りじゃがいも餅の作り方〜
<材料>
・じゃがいも 3個
・シュレッドチーズ 50g
・砂糖 大さじ1杯半
・薄力粉・片栗粉 各大さじ2
・バター 10g

〜甘ダレ用調味料〜
・醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・水 大さじ1
・片栗粉 小さじ1/3

<作り方>
1. じゃがいもを1個ずつラップで包み、電子レンジで約6分間加熱します。
2. 甘ダレ用調味料はすべて混ぜ合わせておきます。
3. 1のじゃがいもの皮をむき、ボウルに入れたら熱いうちに木べらでマッシュしていきます。
4. 3に砂糖・薄力粉・片栗粉を入れて手早く混ぜていきましょう。
5. 4のタネを8〜9等分に分けて中央部分にシュレッドチーズをのせて包み、丸く形を整えましょう。
6. フライパンにバターを熱し、5を両面こんがりと焼き色がつくまで焼きます。
7. 仕上げに2を加え、とろみがついたら完成です。

包丁いらずで超簡単!美肌効果アリのズボラ飯レシピ2選 

美肌効果も期待できるズボラ飯のレシピ 〜生春巻き〜

コンビニの定番商品としてお馴染みのサラダチキンを使った生春巻きのレシピです。サラダチキンの主原料である鶏胸肉には皮膚や筋肉、血液を作り出す「たんぱく質」をはじめ、疲労回復やアンチエイジング効果が期待できる抗酸化物質「イミダゾールジペプチド」が含まれています。

〜生春巻きの作り方〜
<材料>
・ライスペーパー 4枚
・サラダチキン 50g
・カニかまぼこ 4本
・豆苗 1/4袋
・マヨネーズ 大さじ2
・スイートチリソース 大さじ2

<作り方>
1. 豆苗をキッチンバサミで根元から切り、水で洗います。
2. カニかまぼこはキッチンバサミで半分に切り、サラダチキンは手で粗めにほぐします。
3. マヨネーズとスイートチリソースを小皿に入れ、混ぜ合わせておきます。
4. ボウルに水を入れ、ライスペーパーをさっと水につけて取り出します。
5. お皿にライスペーパーをのせ、1と2の具材をのせます。
6. 具材の上に3のソースをかけます。
7. 両端を折りたたみ、手前から包むように巻きます。
8. 生春巻きをキッチンバサミで半分に切り、中の具材が見えるようお皿に盛り付けて完成です。

いかがでしたか?どちらも短時間で簡単に作れますので是非参考にしてみてくださいね。

包丁いらずで超簡単!美肌効果アリのズボラ飯レシピ2選 

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・くるみ
文・くるみ
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイントがもらえる!
体の中からポカポカに!「温め食材」を使ったスープのレシピ2選
水晶のように輝くアイスプラントのプチプチの正体は?
とろ〜り美味しい! 体の冷えを改善する「根菜グラタン」レシピ