メディア個別 頑固な便秘と決別しよう! 5分でできる腸マッサージの方法 | いまトピママ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

頑固な便秘と決別しよう! 5分でできる腸マッサージの方法

鈍った腸の動きをダイレクトにもんで活性化させる腸マッサージ。
道具は不要! 自分の手でたった5分もむだけで、がんこな便秘とさよならできるんです。

ストレスや冷えで腸の動きは弱っている

女性に多い、がんこな便秘症。便秘は腸の働きが鈍いことで起こります。

人がとった食事は、胃で細かくされた後、小腸で栄養素や水分を吸収されます。

その後、残りは大腸で便になりますが、ストレスや冷え、運動不足などで腸の動きが弱くなると便秘になってしまうのです。

そこで実践したいのが、腸マッサージ。

腸は、臓器の中でも自分でもめる唯一の臓器で、もむほどに血行がよくなり働きも活性化します。

良質な便を出せるのと同時に、水分が滞ったむくみ腸や冷えも改善。

腸の調子が整えば、免疫力のアップにもつながります。

また腸は、自律神経と深い関わりがある器官。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、腸が活発に活動するのは、副交感神経が優位でリラックスしているときです。

気持ち良くマッサージするとリラックスできるので、副交感神経が優位になり、腸が活性化します。

寝起きにベッドで行えば毎朝快便に!

腸マッサージは、リラックスして行うことがポイントです。

強すぎる刺激は逆効果。イタ気持ちいいくらいの強さを目安に行いましょう。

腸が便を送り出す蠕動(ぜんどう)運動は、朝起きたときが一番起こりやすいタイミング。

目覚めたベッドの中でマッサージを行えば、毎朝の快便をサポートします。

ここでは寝て行う方法を紹介しますが、肩やお腹の力を抜いて行うことができれば、椅子に座ったり、お風呂で行ってもOKです。

自分の取り入れやすいタイミングで行ってみてください。

<ガンコな便秘も解消! 腸マッサージのやり方>

1、お腹にそっと手を当てる
まずは小腸からマッサージ。おへそを中心に半径10cmくらいあたりが小腸の場所です。

仰向けで寝て両膝を立てたら、お腹の上にそっと両手のひらを当て、深呼吸して。

気持ちを落ち着かせましょう。

2、おへそのまわりをもむ
手のひらを顔の方に向け、両手を重ねます。

次に、手の小指側にあたる側面をお腹に押し当てるようにして、おへそのまわりを時計回りにマッサージします。

5秒で1周を目安に、20周行いましょう。

3、ウエストを指ではさんで、下から上にもむ
右手の親指を背中側に、残りの指4本をお腹側にあて、右脇腹のウエストのくびれをはさみ少し力を入れてもみます。

まず、腰骨の高さの箇所をもんだら、指2本分上の部分へ。

そして最後におへその横と、全部で3ヶ所もみます。

これを3回、息を吐きながら押すのを繰り返しましょう。

4、左脇は上から下にむけて
右脇腹と同様に、左脇腹を指ではさんでもみます。

スタートは、おへその横から。次に、指2本分下の部分、最後に腰骨の位置と全部で3ヶ所をもみます。

息を吐きながら押すのを、ゆっくり3回繰り返しましょう。

5、仕上げの深呼吸でより腸を活性化
最後に、おへその下あたりに手のひらを当て、ゆっくり深呼吸をします。

息を吐く時、吸う息の2倍の時間をかけて吐ききりましょう。

より呼吸が深くなり、腸の動きがよくなります。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。