メディア個別 忙しい日はパパッと簡単に!冷凍野菜ストックレシピ | 初めてさんも料理上手も満足できるプロのレシピ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

忙しい日はパパッと簡単に!冷凍野菜ストックレシピ

第293回 初めてさんも料理上手も満足できるプロのレシピ
最近種類が豊富になり、コンビニでも手軽に買えるようになった冷凍野菜。カット済みで下ごしらえまでしてあるものが多く、冷凍庫で保存もできるので忙しい方が手軽に野菜を摂るのにとても便利です。今回は、そんな市販の冷凍野菜を使って、パパッと短時間で作れる簡単レシピをご紹介します。また、冷凍野菜をより美味しく調理するためのテクニックもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

下ごしらえ済みで保存も可能!時短調理に便利な冷凍野菜

市販の冷凍野菜はカット済みでそのまま調理に使えるので時短調理にもってこい! 準備だけでなくキッチンの後片づけも楽チンです。

最近は葉物、根菜、きのこ類など野菜の種類も豊富ですし、煮物用など料理ごとに野菜を組み合わせたものもあるので、いろいろな料理に活用することができます。冷凍庫にストックしておけば、忙しい日や疲れた日の料理に大活躍。

でも、冷凍野菜の葉物野菜を炒めたらベチャベチャで水っぽくなったり、炒めすぎてパサパサになってしまったり…。また、かぼちゃなどは形状がわからなくなるほど煮崩れしてしまったなんて経験はありませんか?

市販の冷凍野菜は、冷凍する前に「ブランチング」という、短時間の加熱処理をしているため、加熱のしすぎに注意する必要があります。

例えば、凍ったままのほうれん草は凍結してくっついている部分があり、ソテーしながらほぐす必要があります。そのため、外側は焦げやすく、ほぐれた頃は、内側と外側では焼き加減のムラができることも。でも、電子レンジで軽く解凍しておけば、解凍されてほぐれるため、炒めやすく短時間で炒めることができますから、ベチャベチャになりにくくなりますよ。

また、電子レンジでの解凍時のラップ有り・無しを比べると、ラップ有りは無しに比べて「しっとり」、ラップ無しは「程よく水分が抜ける」仕上がりでした。お浸しにする場合などはラップをしたほうが良さそうですが、ソテーの場合はラップをせずに電子レンジで軽く解凍してから炒めるほうがベチャベチャになるのを防ぐことができそうです。

 

忙しい日にぴったり!手軽にできる冷凍野菜活用レシピ4選

 

塩昆布がアクセント!包丁不要の枝豆と豆腐の混ぜご飯

包丁不要で混ぜるだけの簡単混ぜご飯です。軽く炒って水分を飛ばした豆腐も加えるので、とってもヘルシーで夜食にもぴったり! 帰りが遅くなった日でも、この混ぜご飯に市販のお味噌汁とお漬物を添えるだけで、手抜きに見えないヘルシー御膳風になっちゃいます。枝豆と豆腐で豆たっぷりの豊かな香りと、仕上げに加える塩昆布のうま味で満足感も◎。

【主な材料】
冷凍枝豆
ご飯
もめん豆腐
塩昆布
白だし

●詳しいレシピはこちら
『【冷凍野菜で簡単】枝豆と豆腐の混ぜご飯』

 

ベチャベチャしない!ほうれん草とソーセージのソテー

水っぽくベチャベチャ食感になりがちな冷凍ほうれん草も、電子レンジを使った下ごしらえで食感よく仕上がります。彩りも良く5分もあれば完成するので、お弁当のおかずにもぴったり。また、茹でたパスタにオリーブ油と一緒に和える簡単パスタアレンジもおすすめです。

【主な材料】
冷凍ほうれん草
ソーセージ
にんにく
オリーブ油
バター

●詳しいレシピはこちら
『【冷凍野菜で簡単】ほうれん草とソーセージのソテー』

 

彩り鮮やか!チキンとかぼちゃのカレーミルク煮

ほっこりと甘くて子どもにも人気のかぼちゃのミルク煮。冷凍かぼちゃを使えば、かぼちゃを切ったり下茹でしたりする手間がなく、あっと言う間に煮込み料理が完成します! 材料をサッと炒めて煮込んだら、仕上げに牛乳とカレー粉などで味を調えてください。しっかりめの味付けが好きな場合は、粉チーズを増やすか、コンソメ(顆粒)を少々加えるアレンジも!

【主な材料】
冷凍かぼちゃ
鶏もも肉
玉ねぎ
牛乳
粉チーズ
カレー粉

●詳しいレシピはこちら
『【冷凍野菜で簡単】チキンとかぼちゃのミルク煮』

 

しょうが風味で体ぽかぽか♪ブロッコリーと卵の中華風スープ

材料を入れて煮込むだけ! あと1品温かいものが欲しいときに重宝する、しょうが風味の野菜入りのスープです。冷凍ブロッコリーは沸騰してから加えてくださいね。短時間で仕上げることで食感がよく仕上がります。ゴロゴロしたブロッコリーと、鮮やかな黄色のコーンと卵で、見た目と彩りの存在感がある一品に。

【主な材料】
冷凍ブロッコリー

コーン
しょうが
鶏がらスープの素

●詳しいレシピはこちら
『【冷凍野菜で簡単】ブロッコリーと卵の中華風スープ』


スーパーの冷凍野菜コーナーを見ると種類の豊富さに加えて、産地や鮮度、急速冷凍の技術のこだわりなどもあり、ひと昔前に比べて格段にバラエティーが豊かになっている印象を受けました。冷凍野菜を使った感想は、とにかく便利。使いたいときに、下準備の手間がなく、使いたい分をロス無く使えることは大きなメリットだと思いました。

普段の食事をパパッと作る手助けになることはもちろん、買い物に行けないときや料理に時間をかける余裕が無いとき、また野菜が手に入りにくくなる災害時など、冷凍野菜のストックがあればパパッと作れる冷凍野菜料理に救われることもあるはずです。ぜひ試してみてくださいね。

 

このコラムを書いたNadia Artist
 
料理研究家 はっとりみどり
https://oceans-nadia.com/user/64286



●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
おうちで●亀製麺!冷凍うどんで作る、具沢山うどんレシピまとめ
買い物いらずで時短と節約ができる!常備食材活用術

提供元

ナディア / Nadia
ナディア / Nadia
レシピサイト「ナディア / Nadia」/プロの料理を無料で検索 「写真がきれい」×「つくりやすい」×「美味しい」お料理と出会えるレシピサイト「ナディア / Nadia」/プロの料理を無料で検索。実用的な節約簡単レシピからおもてなしレシピまで。有名レシピブロガーの料理動画も満載!お気に入りのレシピが保存できるSNS。
レシピサイト「ナディア / Nadia」/プロの料理を無料で検索 「写真がきれい」×「つくりやすい」×「美味しい」お料理と出会えるレシピサイト「ナディア / Nadia」/プロの料理を無料で検索。実用的な節約簡単レシピからおもてなしレシピまで。有名レシピブロガーの料理動画も満載!お気に入りのレシピが保存できるSNS。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイントがもらえる!
本当に美味しいビーフシチュー|何度も作りたい定番レシピVol.113
基本からアレンジまで!節分に挑戦したい恵方巻きレシピ
【栁川さん家のパンのある生活~第10回~】ふんわり白パンの基本とアレンジ