メディア個別 便秘を解消し肌老化の予防にも!? おからパウダーがすごい理由 | いまトピママ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

便秘を解消し肌老化の予防にも!? おからパウダーがすごい理由

第32回 いまトピママ
女性ならハリのある肌をいつまでもキープしたいもの。
肌をぷるんとさせると言われる食材を意識的にとっている人も多いですが、ぜひ「おからパウダー」もラインナップに取り入れて!

おからパウダーはアミノ酸スコア100の優秀食材

食物繊維たっぷりで、健康的な食材として有名な「おから」。

スーパーで販売しているしっとりしたタイプの生おからを、手軽に調理できるように脱水加工したのが「おからパウダー」です。

おからパウダーは、生おからに比べて保存がきき、面倒なから煎りは不要。そのままでも水などで戻して使えるので便利です。

そんな手軽さと高い栄養価を兼ね備えたおからパウダーは、肌のたるみ予防におすすめなのだそう。

肌のハリと弾力維持に欠かせないたんぱく質は、アミノ酸からできています。

おからパウダーは、肉や魚に含まれる動物性たんぱく質と同様の“アミノ酸スコア100”食材なので、肌のためにも積極的に取り入れたい食材。

体内で作れない9種類の必須アミノ酸をバランスよく含み、筋肉の原料となるタンパク質をしっかり補給し、肌の弾力をサポートします。

便秘を解消し肌老化の予防に役立つ

さらに、豆腐や豆乳にはほとんど含まれない食物繊維がたっぷり入っているのも魅力。

腸内環境と肌質の改善にもつながります。おからパウダーの成分の約半分は「不溶性食物繊維」。

これにより腸の動きが活性化され、便秘を解消、腸内環境も改善されます。

また、腸内環境が整うと、肌の新陳代謝がスムーズになるので、シミやくすみ、肌老化の予防にもつながります。

さらに、大豆タンパク質中の「β-コングリシニン」という成分は、内臓脂肪を減らす働きがあるそう。

低カロリー&低糖質なうえ、水分を含むとふくらむので満足感を得られるので、ダイエットにも役立つ便利な食材なのです。

そこで、今回は、おからパウダーをプラスするだけの簡単なメニューをご紹介します。

おからパウダーを使ったおすすめレシピ

○おからのポテトサラダ風

(材料・2人分)

にんじん……1/4〜1/2本 枝豆……適量 塩……ひとつまみ

(A)

おからパウダー……大さじ6 水……大さじ6 顆粒のだしの素……5g ヨーグルト……大さじ4 マヨネーズ……大さじ1 塩、こしょう……各適量

パセリ(みじん切り)……少々

(作り方)

にんじんはスライサーで千切りにし、耐熱容器に入れて電子レンジ(600W)で2分加熱し、温かいうちに塩をまぶしておく。 混ぜ合わせた(A)に1と枝豆を加えて混ぜ、器に盛り、パセリを散らす。

※生おからで作る場合は、(A)の水は無しで。おからの水分量によって水を少量足して調整してください。生おからからおからパウダーを作ることもできます。
耐熱容器に生おからを入れてフォークなどで軽くほぐし、ラップせずに電子レンジ(600W)で加熱。フランパンに移したら水分がなくなるまでから煎りをします。サラサラになったら出来上がりです。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。

ピックアップ

険悪な姉妹……ママが考えた「姉妹が仲良しになる」方法
育児経験が仕事に役立つ!『子育て支援員』になるには?
長男を親に依存する子にしてしまった私…。2人の子育てをして思った「自立した子」の育て方。
ご褒美級のおいしさに変わる! なすの神レシピ5選