メディア個別 プリヤンカー・チョープラー、『マトリックス』新作出演へ? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

プリヤンカー・チョープラー、『マトリックス』新作出演へ?

プリヤンカー・チョープラーが『マトリックス』新作出演へ向けて交渉中のようだ。ヴァラエティ誌によれば、プリヤンカーは人気シリーズ第4弾に向けて話し合いを進めているというが、オファーされている役柄については分かっていない。

2021年に公開予定の『マトリックス』第4弾は、1999年に公開されたオリジナル作から2003年公開の『マトリックス リローデッド』『マトリックス レボリューションズ』に引き続き、キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスがネオとトリニティ役を演じることが決定している中、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世やジェシカ・ヘンウィック、ジョナサン・グロフなど新たな顔ぶれが加わっており、ラナ・ウォシャウスキー監督の元、間もなくカリフォルニア州で製作開始が見込まれている。

そんな中、前3作でエージェント・スミス役を演じてきたヒューゴ・ウィーヴィングは先日、舞台作『ザ・ヴィジット』とスケジュールが重なってしまっていることが理由で、新作には出演できなくなったことをこう明かしていた。「残念ではあるけど、(『ザ・ヴィジット』の)オファーが先に来て、その後に『マトリックス』の話が出てきた。でもその時は日程が決定していなかったから、どちらも出来るんじゃないかと思った。8週間かけて日程調整をした。その間は、『ザ・ヴィジット』も正式に引き受けなかった。ラナ・ウォシャウスキーとも連絡を取っていたけど、結局彼女はそのスケジュールじゃ無理だという決断に至った。だから、僕らもスケジュールを調整したんだけど、彼女は気が変わってしまったみたいで、僕ナシで進めているんだよ」