メディア個別 お弁当のおかずにもぴったり!ささみを使ったヘルシーレシピ2選 | 注目のダイエット情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

お弁当のおかずにもぴったり!ささみを使ったヘルシーレシピ2選

第62回 注目のダイエット情報をまとめてチェック!
ダイエット中のランチタイムはできるだけ外食を避け、手作り弁当を持参したいものですよね。でも毎日献立を考えるのは結構大変…と感じている女性は少なからずいることでしょう。そこで今回はささみを使ったヘルシーレシピを提案します。

ささみを使ったヘルシーレシピ 〜ささみのネギ塩レモン〜

やみつきになる美味しさ!ささみのネギ塩レモンのレシピです。材料に使っている長ねぎには新陳代謝を活性化させる「アリシン」や丈夫な肌を生み出す「β-カロテン」「ビタミンC」などの成分が含まれています。

〜ささみのネギ塩レモンの作り方〜
<材料>
・ささみ 500g
・長ねぎ 2/3本
・サラダ油 大さじ1

<調味量A>
・酒 大さじ2
・片栗粉 大さじ1
・砂糖 ひとつまみ
・塩胡椒 適量

<調味料B>
・レモン汁 大さじ3
・鶏がらスープの素 小さじ2
・ごま油 大さじ2
・おろしにんにく 小さじ1

<作り方>
1. ささみは筋を取り除き、ひと口大にカットします。
2. ポリ袋に1のささみと調味料Aを加え、よく揉み込みます。
3. フライパンにサラダ油を熱し、1のささみとみじん切りの長ねぎを炒めます。
4. ささみに火が通ったら合わせた調味料Bを加え、ひと煮立ちさせて完成です。

お弁当のおかずにもぴったり!ささみを使ったヘルシーレシピ2選

ささみを使ったヘルシーレシピ 〜ささみの味噌マヨ焼き〜

続いてご紹介するレシピは「ささみの味噌マヨ焼き」。味噌には食後の血糖値を穏やかにする色素成分「メラノイジン」のほか、コレステロール値を抑える作用がある「大豆レシチン」「リノール酸」といったダイエットに嬉しい成分が含まれています。

〜ささみの味噌マヨ焼きの作り方〜
<材料>
・ささみ 500g
・片栗粉 適量
・サラダ油 大さじ1

<調味料A>
・酒 大さじ2
・塩胡椒 少々
・おろしにんにく 小さじ1

<調味料B>
・味噌、マヨネーズ 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・醤油、みりん 各少々

<作り方>
1. ささみは筋を取り除き、真ん中に切り込みを入れたら三等分にカットします。
2. ポリ袋に1と調味料Aを加え、外側からよく揉み込んだら20分ほど置きます。
3. フライパンにサラダ油を熱し、片栗粉をまぶした1を加えます。
4. 両面こんがりと焼き色がつき、中まで火が通ったら合わせた調味料Bを加えてささみに絡めます。
5. フツフツしてきたら火を止め、器に盛り付けて完成です。

ささみは他の部位の中でも特に低カロリー!基礎代謝を上げるたんぱく質が豊富に含まれており、尚且つ値段が安い点も非常に魅力的です。ダイエット中の女性は、ささみを上手く活用してお弁当ライフを楽しみましょう。

お弁当のおかずにもぴったり!ささみを使ったヘルシーレシピ2選

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・くるみ
文・くるみ
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイントがもらえる!
食欲の秋到来! 旬の味覚「里芋」を使った洋風レシピ2選!
揚げずに簡単・ヘルシー! 枝豆入り「スコップメンチカツ」の作り方
アイスよりヘルシー!「苺入りフローズンヨーグルト」のレシピ