メディア個別 英国アカデミー賞、『1917 命をかけた伝令』が作品賞ほか最多7部門受賞 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

英国アカデミー賞、『1917 命をかけた伝令』が作品賞ほか最多7部門受賞

第1012回 海外スターの最新ニュース

『1917 命をかけた伝令』が2020年度英国アカデミー賞で作品賞を受賞した。第一次世界大戦を舞台にした同サム・メンデス監督作品は、2日(日)にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催された式典で、最高賞である作品賞ほか、英国作品賞、監督賞、音響賞、視覚効果賞、美術賞、撮影賞と計7部門に輝き、最多受賞作品となった。

9部門でノミネートを受けていた同作が受賞を逃したのは、『スキャンダル』が受賞したメイク・ヘアスタイリング賞と、『ジョーカー』のもとに渡った作曲賞のみとなった。

『ジョーカー』はそのほか、バットマンの宿敵であるタイトルロールを演じたホアキン・フェニックスの主演男優賞、キャスト賞と3部門を受賞した。

このほか、レネー・ゼルウィガーが『ジュディ 虹の彼方に』で主演女優賞を受賞した一方、『マリッジ・ストーリー』のローラ・ダーンが助演女優賞、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のブラッド・ピットが助演男優賞をそれぞれ手に入れた。

また、韓国発ホラー映画『パラサイト 半地下の家族』が外国語映画賞、脚本賞の2賞、『ジョジョ・ラビット』が脚色賞に輝いた。

さらに、EEライジングスター賞は、『ブルー・ストーリー』などで知られるマイケル・ウォードのもとに渡った。

2020年英国アカデミー賞の主な受賞リスト

作品賞 

『1917 命をかけた伝令』

英国作品賞 

『1917 命をかけた伝令』

外国語映画賞 

『パラサイト 半地下の家族』

ドキュメンタリー賞 

『娘は戦場で生まれた』

アニメ映画賞 

『クロース』

監督賞 

サム・メンデス 『1917 命をかけた伝令』

脚本賞 

『パラサイト 半地下の家族』

脚色賞 

『ジョジョ・ラビット』 

主演女優賞 

レネー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』

主演男優賞 

ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』

助演女優賞 

ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』

助演男優賞

ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

作曲賞

『ジョーカー』

キャスト賞

『ジョーカー』

撮影賞

『1917 命をかけた伝令』

美術賞

『1917 命をかけた伝令』

衣装デザイン賞

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

メイク・ヘアスタイリング賞

『スキャンダル』

音響賞

『1917 命をかけた伝令』

視覚効果賞

『1917 命をかけた伝令』

EEライジング・スター賞:

マイケル・ウォード

功労賞

アンディ・サーキス

英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)フェローシップ

キャスリーン・ケネディ

ピックアップ

クリステン・スチュワート、恋人のインスタグラムから選挙の投票を呼びかけ
ミーガン・ジー・スタリオン、タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出
リヴ・タイラー、『9-1-1:ローン・スター』を1シーズンで降板
ドラマ『プリズン・ブレイク』、シーズン6が制作へ!?