メディア個別 キューブ型ミルクの真実!?比較したら粉タイプよりお得な場合も! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
キューブ型ミルクの真実!?比較したら粉タイプよりお得な場合も! 

キューブ型ミルクの真実!?比較したら粉タイプよりお得な場合も!

こんにちは。ママライターの斉藤あやです。わが子はミルクもおっぱいも大好き。ドラッグストアで悩むのは、ミルクの値段です。大きい缶入りのミルクを買ったらお得だけど重たい、キューブは軽いけど高くつくような気がして悩んでいました。そこで実際どうなのか、比較してみることにしたのです。

 

こんにちは。ママライターの斉藤あやです。わが子はミルクもおっぱいも大好き。ドラッグストアで悩むのは、ミルクの値段です。大きい缶入りのミルクを買ったらお得だけど重たい、キューブは軽いけど高くつくような気がして悩んでいました。そこで実際どうなのか、比較してみることにしたのです。

 

キューブ型のミルクの値段は?

 

違いを確かめるために、まずキューブ型のミルクで100ml作るといくらなのかを計算してみました。

 

「明治 ほほえみ らくらくキューブ 27g×48袋入り」は、参考市価4,088円(税込)です。 こちらはキューブ5個入りの袋が48袋入っています。キューブ5個で200mlのミルクがつくれるので、100ml作るのに42.58円かかります。

 

缶入りのミルクの値段は?

 

「明治 ほほえみ 800g×2缶パック」は、参考市価5,681円(税込)です。ひとさじ2.7gで20mlのミルクができます。100ml作るのには5さじの13.5g使います。100mlにかかる値段は47.93円です。

 

あれ?絶対、缶に入った粉タイプの方が安いと思ってたのに、キューブ型のミルクの方が安いではないですか!驚きの結果になりました。

 

 

お得なのはキューブ型のミルクの方だった!?

 

店舗や内容量で価格が違ったりするので一概には言えませんが、「キューブ型ミルクはそこまで高くない」と言えると思います。

 

しかも粉ミルクは私の経験上、缶に残った最後のほうがうまく出せないのが悩みどころ。こぼしたり、ミルクがさじに着いてうまく測れなかったりして、結構ストレスです。お出かけのときだけじゃなく、「家でもキューブ型ミルクでいいかもしれない」と思いました。袋の側面をなでておくと、スルっと出てきてくれますよ。

 

 

らくらくキューブの人気の秘密は、使いやすさだけではなかったのですね。お得で使いやすい商品がもっともっと開発されて、ラクチン育児グッズが増えることを期待したいです。(TEXT:ママライター斉藤あや)

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP