メディア個別 リース・ウィザースプーン、勇気あるタイムズ・アップ告白者に永遠のエール | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

リース・ウィザースプーン、勇気あるタイムズ・アップ告白者に永遠のエール

第1027回 海外スターの最新ニュース

リース・ウィザースプーンがタイムズ・アップ運動において自分たちの経験を明かした人々へ、今後も変わらぬエールを送り続けると宣言した。セクハラ撲滅運動を全面的に支援してきているリースは、それまでの沈黙を破り、現在も益々勢いを増しているそのムーブメントのきっかけを作ってくれた人々に感謝の意を表した。

ツイッターにリースはこう綴る。「告白したり、沈黙を破ってくれた全ての被害者のみなさん、私から途絶えることない応援と強さを送ります。あなたの勇気のおかげで、留まることを知らない活動に火が付きました。勇敢にも経験を明かしてくれたから」

リースは以前、世界中にいる声を挙げることのできない女性たちために、自分が何かすべき責任がある気がすると語っていた。自らも16歳の時にある監督から性的被害を受けたことを明かしているリースは、最近のハリウッドの変化について尋ねられた際。「間違いなく変化は感じられる。長らく沈黙を保っていた人たちが遂に口を開き、声が震えようとも告白している。私も自分の話を打ち明けた時はそうだったから分かる。各業界の女性リーダーたちが、力を持たず、声を挙げられない人たちのために立ち上がる必要があるの。そして女性権力者や有色人種とも均等な文化を作り上げるため、さらに活動していかなければならない。あまりにも遅すぎる。ほとんどの女性たちは打ち明けたら、そのことで非難されたり、仕事を失ったりすることだってあった。罰せられるような結果が待ち受けているなら、誰も経験を告白しようなんて思わないでしょ」と話していた。

ピックアップ

ガブリエル・ユニオン、全黒人キャストの『フレンズ』朗読会を開催
批判が集まっていた『エレンの部屋』が再開
『セックス・アンド・ザ・シティ』のキム・キャトラル、投票のためにアメリカ市民権を申請
ザック・ブラフ、エミー賞追悼コーナーからニック・コルデオが「意図的」に除外されたと批判