メディア個別 【鍼灸師監修】夜泣きや疳の虫に効果あり!スプーン小児鍼のコツとは | カラダの元気はココロの元気 ママのツボ 子どものツボ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
カラダの元気はココロの元気 ママのツボ 子どものツボ 

【鍼灸師監修】夜泣きや疳の虫に効果あり!スプーン小児鍼のコツとは
~カラダの元気はココロの元気 ママのツボ 子どものツボ~

小児鍼とは、風邪や虚弱体質、喘息、夜泣き、かんのむし、夜尿症など、子ども特有の症状改善を目的として行う、子ども向けの鍼治療のこと。ただし、鍼といっても小児鍼は皮膚に刺さないので、鍼灸師でなくても、お子さんに施術することができます。

スプーンの腹で、ふんわりと優しく

必要なものは、“‘小さめの銀製スプーン(無ければステンレスでも可)”と“温かいママの手“、”ママの笑顔“。小児鍼は、ふわっと皮膚の表面をさする程度の刺激で行います(エンゼルタッチといいます)。このエンゼルタッチが自律神経系に働きかけ、リラックスした状態を作り出すので、子どもの筋肉を揉んだりツボを押そうとする必要はありません。スプーンは、柄の一番下の部分を持って、腹の部分が子どもの肌に触れるように当てます。その時、ママが子どもに語りながら、優しく触れることで、子どもも安心し、情緒が安定します。
スプーンの腹で、ふんわりと優しく
 

オススメは背骨の上のツボ

子どもをうつ伏せにし、スプーンの腹で、頭のてっぺんから首の付け根、背骨を通ってお尻まで、上から下に、スプーンの後をママの手が追いかけながら、スプーンと手とで交互にさすりましょう。「気持ちいいね」と声を掛けたり、『ぞうさん』(テンポがちょうど良いのでオススメ)などを歌いながらやってあげましょう。お尻までいったら、また頭のてっぺんに戻ります。ゆっくり5回程繰り返してください。さすったところが少し発赤したり、子どものほっぺが「ポッ」と赤くなったら、刺激はもう十分というサインです。背骨の上には風邪予防や精神安定、胃や腸の働きを整えるツボなど、身体にとって重要な28個のツボがありますので、頭からお尻までをなでなですることで、ツボが刺激されます。
オススメは背骨の上のツボ
 

●子どもの体質・症状別!オススメのツボ

風邪を引きやすい、熱を出しやすい:「大椎(だいつい)」…頭と首の境目で、頭を一番盛り上がる骨のすぐ下
情緒不安定、夜泣き:「身柱(しんちゅう)」…肩甲骨の間
虚弱体質でお腹を下しやすい:「命門(めいもん)」…おへその真後ろ
子どもの体質・症状別!オススメのツボ
 
ツボは全身にありますので、抱っこした時や夜寝る前など、子どもと触れ合う時に、手や胸、お腹などに、ママの手を当てることでもツボ刺激になります。毎日たくさん、子どもに触れてあげてください。
※ささないハリ 美鍼(びじん)、女性専用鍼灸院が薦める美ツボBOOKは税込価格。 dマーケットパパママ特集
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP