メディア個別 『オナラ』がクサかったら要注意! それはカラダの危険サインかも。 | いまトピママ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

『オナラ』がクサかったら要注意! それはカラダの危険サインかも。

おならがクサいのはあたりまえ、と開きなおってはダメ!
クサいおならは体に毒。原因と対策をご紹介。

おならのニオイは食べ物成分の腐敗臭

「パパのおならクサーい!」。これってよくある家庭の会話ですよね。

でもクサいおならを笑ってごまかしてはいけません。

というのも、おならや便のニオイの原因となる成分は、食べ物のタンパク質が腸の悪玉菌によって腐った腐敗臭。

ニオイ成分の中には、発がん物質にもなる有害物質も含まれており、活性酸素を発生させます。

これが腸から血流にのって全身にめぐると、体中の細胞を傷つけるとことに。

このクサいおならを撃退するには、下記で紹介する4つの対策があります。

おなら臭をクリーンにする4つのポイント

1)よく噛む

食べ物が消化不良だと、腸内で腐敗しやすくなります。

よく消化するためのファーストステップは「よく噛む」こと。食べ物を細かく噛み砕くことによって、胃腸で消化されやすくなります。

また、唾液には穀物を消化する消化酵素も含まれるので、よく噛んで唾液と交わらせることにより、口の中から消化が始まります。

「早食いはクサいおならのモト!」と心得て、1口30回ほど、しっかり噛みましょう。

2)胃の調子を整える

胃の消化力を落とす、暴飲暴食・アルコールの飲み過ぎ・ストレスには注意して。

また、口ですり潰されたタンパク質は、まず胃酸や胃の消化酵素で分解されます。

肉などタンパク質の量が多く、消化できないと腐敗を起こしやすいので食べすぎはNG。ただし、少ないのもNGです。

タンパク質を消化する酵素は、その原料がタンパク質なので、不足すると消化酵素が減り、消化力が低下します。

肉を食べると胃もたれする、という人は、タンパク質分解酵素を含む大根おろしやパイナップル・キウイなどを一緒に食べるのがオススメです。

3)腸の働きをよくする

腸内環境悪いと便がスムーズに排出されず、腐敗していきます。

腸の環境をよくするには、まず善玉菌を含む発酵食品をとること。そして、菌を育てるために野菜や海藻を食べて食物繊維をとりましょう。

一方、砂糖は悪玉菌のエサになるので控えて。その代りの甘みとして使ってほしいのが、オリゴ糖。

善玉菌のエサになるうえ、ダイエットにも効果的な甘みです。

ただし、オリゴ糖以外にショ糖(砂糖)や、ブドウ糖、アスパルテームなどの人工甘味料が含まれているものも多いので、オリゴ糖だけのものを選んで。

4)肝臓を守る

腸で食べ物が腐敗しても、肝臓で解毒されると、おならはクサくなりません。

肝臓を元気にしておくには、アルコール、砂糖、そして揚げ物などによる酸化した油のとりすぎは要注意。

また食品添加物や残留農薬は、肝臓の酷使につながるので、加工食品は控えめにし、野菜は流水にさらすなどして農薬を落として。

疲れた肝臓のサポートにいい成分は「グルタチオン」と「オルニチン」。

グルタチオンは治療薬としても使われる成分で、レバーや肉類、小麦胚芽、アボカド、キウイに豊富です。

オルニチンは、しじみに多いことで知られていますが、実はキノコ類にも多いので積極的にとりましょう。

【監修】桐村里紗先生
内科医・認定産業医。分子栄養学や常在細菌学、生命科学などの知識を活かし、執筆・講演を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文社新書)他がある。ブログ『進化しましょ。』

執筆/監修:株式会社からだにいいこと

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。