メディア個別 ルピタ・ニョンゴとデヴィッド・オイェロウォ、共演者の早すぎる死を嘆く | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ルピタ・ニョンゴとデヴィッド・オイェロウォ、共演者の早すぎる死を嘆く

第1066回 海外スターの最新ニュース

ルピタ・ニョンゴとデヴィッド・オイェロウォが『奇跡のチェックメイト クイーン・オブ・カトウェ』の共演者ニキータ・ワリグワの訃報にメッセージを寄せた。実在する若きチェスの天才、フィオナ・ムテシを描いた2016年公開の同ディズニー映画で、主人公の友人グロリア役を演じたニキータは15日(土)、脳腫瘍の闘病生活の末、15歳という若さでこの世を去っていた。

これを受け、同作でフィオナの母親役を演じたルピタは、ニキータの写真と共に映画内の「チェスの世界では、弱者が強者にもなれる」という引用を付けて投稿した。「私が『奇跡のチェックメイト クイーン・オブ・カトウェ』で共演した可愛らしく、優しく、才能ある少女ニキータ・ワリグワがこの世を去ったことを投稿するのは悲痛な思いです」「彼女は素晴らしい活力を持ってグロリアを演じました。現実の世界では、脳腫瘍との闘いという莫大な挑戦を科されていました」「こんなにも早くお別れを言わなければいけない状況の中、ご遺族とコミュニティの皆様方に心からお悔やみ申し上げます」「安らかにお眠りください」

そして同映画で教師のロバート・カテンデ役を演じでデヴィッドは、同じ写真に「美しいニキータ・パール・ワリグワの死を嘆いています。彼女は『奇跡のチェックメイト クイーン・オブ・カトウェ』においても、現実の生活においても光となる存在でした。彼女の脳腫瘍との闘病生活は、見ていてやるせなさを感じさせられました。彼女の光はこれからも輝き続けることでしょう。安らかにお眠り下さい」と綴った。

ニキータは2016年に脳腫瘍と診断され、その1年後には克服したと思われていたものの、また2019年に新たな腫瘍が発見されていた。

ニキータの葬儀は17日(月)に出身地のウガンダで行われる予定だ。

ピックアップ

クリステン・スチュワート、恋人のインスタグラムから選挙の投票を呼びかけ
ミーガン・ジー・スタリオン、タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出
リヴ・タイラー、『9-1-1:ローン・スター』を1シーズンで降板
ドラマ『プリズン・ブレイク』、シーズン6が制作へ!?