メディア個別 ヘンリー王子とメーガン妃、3月末に公式に王室離脱へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ヘンリー王子とメーガン妃、3月末に公式に王室離脱へ

第1080回 海外スターの最新ニュース

ヘンリー王子とメーガン妃のサセックス公爵夫妻が、来月31日を最後に公務から離れることが発表された。先月、王室の主要メンバーから離れる意向を発表した同夫妻だが、今回その日程が発表されたかたちだ。バッキンガム宮殿は、9カ月の息子アーチー君をもつ同夫妻は、公務を離れると同時に同宮殿にある事務所を閉めるものの、4月以降もイギリスにある夫妻の財団を通して同国でも活動を続けるとした。

また、現在後援者となっている慈善団体などの職務は続行するうえ、新たな非利益団体の設立も予定しているという。このほか、夫妻は王室メンバーの一部に与えられる敬称HRHを今後も使用は控えるものの保持し、さらにヘンリー王子は英軍の階級保持のかたちをとるが、1年間のトライアル期間はそれを使用することはないという。

夫妻は先月、インスタグラムを通して王室の主要メンバーから退くことを発表していた。「何カ月にも渡って熟考し、内部での議論を重ねた結果、私達は今年、この王室という組織の中で革新的な新しい役割を作り出し、そちらに移行することを選択しました。引き続きエリザベス女王へのサポートは全力で続けながらも、王室の『主要』メンバーからは退き、財政的に自立するよう努力する意向です」

また、夫妻は今後、イギリスとメーガン妃の母国アメリカとの間を行き来する予定のようで、こう続けている。「特にこの数年間、皆さまからの励ましがあってこそ、このような調整をする準備が整ったと感じています。今後は英国と北米両方の生活でバランスを取りながら、引き続き女王と英連邦、そして私達が支援している団体への義務は果たしていくつもりです。こうして地理的にバランスをとることで、王室の伝統の中に生まれたことに感謝しながら息子を育てられる一方、新たなチャリティ団体を発足するなど、家族が新しいチャプターに力を注ぐ余力を持つことができます」

そして、2018年に結婚した夫妻は、「今後も女王、チャールズ皇太子、ウィリアム王子やその他関係者らと協力し続け、次のエキサイティングな一歩についての詳細をお知らせできることを楽しみにしています。その時まで、皆さまからの変わらぬサポートに心から感謝します」と締めくくっていた。

ピックアップ

レベル・ウィルソンに新恋人
マンディ・ムーアが第1子を妊娠!
『フレンズ』のレイチェル役、実はキャロル役俳優がオファーされていた!?
ヴィン・ディーゼルが歌手デビュー!