メディア個別 ゴールディ・ホーン、ベット・ミドラー、ダイアン・キートンが新作で再び共演! | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ゴールディ・ホーン、ベット・ミドラー、ダイアン・キートンが新作で再び共演!

第1083回 海外スターの最新ニュース

『ファースト・ワイフ・クラブ』で共演したゴールディ・ホーン、ベット・ミドラー、ダイアン・キートンが、再びタッグを組むと言う。夫に若い恋人が出来て離婚となった女性達が復讐を企む姿を描いた同1996年作品に出演したこの3人が、再び新作コメディ作品『ファミリー・ジュエルズ』で久々の共演を果たす。

ブライアン・オリヴァーやアラン・ネヴィンズと共に製作を手掛ける、ニュー・リパブリック・ピクチャーズのブラッドリー・フィッシャーは同作品について「ダイアン、ベット、そしてゴールディの間のケミストリーは比類なく非常に魅かれるものです。世代を超えたファンの方々のために、スクリーン上でこの3人の再共演の手助けを出来たことを嬉しく思っています」と語る。

ピーター・ホアが脚本を手掛け、年内のクランクインが見込まれている同新作は、同じ男性と結婚した過去のある3人の女性が、その男性がデパートで死亡したことを受けて、子供や孫たちを連れて一堂に会しクリスマスを一緒に過ごすといった内容だ。

『ファースト・ワイフ・クラブ』は、オリヴィア・ゴールドスミスによる1992年出版の同名ベストセラー小説を原作としたもので、3人に加えて、サラ・ジェシカ・パーカー、マーシャ・ゲイ・ハーデン、エリザベス・バークレイ、マギー・スミス、ブロンソン・ピンチョット、ロブ・ライナーが出演していたほか、トランプ米大統領の元妻イヴァナ・トランプもカメオ役で登場していた。

ピックアップ

M・ナイト・シャマラン、最新作のタイトルは『オールド』
マンダ・サイフリッド、第2子を出産
ウィロー・スミス、夫婦の危機を切り抜けた両親は「誇り」
故チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラーのギャラを自己負担していた