メディア個別 【2人目の壁シリーズ1】2人目に悩む人はどれくらいいるの? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
【2人目の壁シリーズ1】2人目に悩む人はどれくらいいるの? 

【2人目の壁シリーズ1】2人目に悩む人はどれくらいいるの?
~ベビーカレンダー~

1人目の育児が落ち着いてくると、考え始めるのはこれから家族計画のこと。「子どもはひとりがいい」「できれば3人以上ほしい」など、夫婦によって希望はさまざまだと思います。でも、本当は「2人目がほしい」と思っているのに、いろいろな事情から生むのをためらってしまう……そんな「2人目の壁」に悩む人が近年増えているそうです。今回は、理想の数だけ子供を生める社会を実現するために活動する「一般財団法人1more Baby応援団」に、「2人目の壁」について取材をしました。

 

1人目の育児が落ち着いてくると、考え始めるのはこれから家族計画のこと。「子どもはひとりがいい」「できれば3人以上ほしい」など、夫婦によって希望はさまざまだと思います。でも、本当は「2人目がほしい」と思っているのに、いろいろな事情から生むのをためらってしまう……そんな「2人目の壁」に悩む人が近年増えているそうです。今回は、理想の数だけ子供を生める社会を実現するために活動する「一般財団法人1more Baby応援団」に、「2人目の壁」について取材をしました。

 

2人目を生むことをためらってしまう「2人目の壁」

「子どもは2人ほしい」と思いながらも、2人目を生むことをためらってしまう「2人目の壁」。身近な人には相談しにくい悩みのひとつですよね。世のママやパパはどんなふうに考えているのでしょうか?

 

それがよくわかるのが「一般財団法人1more Baby応援団」が毎年行なっている「夫婦の出産意識調査」。全国の既婚者2958名を対象に行なったアンケートをもとに、なぜ「2人目の壁」に悩む人が増えているのか、その理由にはどんなことがあるのかを見ていきたいと思います。

 

理想の子どもの人数は「2人以上」なのに……

実際の家族構成とは別に、「持ちたい理想の子どもの人数」についてアンケートを行ったところ、「2人以上を理想としている」人は81.1%でした。なんと8割以上が2人目を望んでいるという結果に。この割合は2013年の調査開始から増加傾向にあるそうで、今回の数字は過去最高だと言います。つまり、少子化とは言いながらも子どもが2人以上ほしい夫婦は年々増えていることがわかります。

 

 

 

 

とろこが、実際に2人目を生むかどうかを考えたとき、「2人目の壁は存在するかと思うか」という質問に対しては、73.5%もの人が「存在すると思う」と答えており、理想の子どもの人数とは相反する結果になっています。2人目はほしいと思いながらもためらっている人が大半なのです。

 

 

 

「2人目の壁」のトップは「お金」の問題

では、どういうところに「2人目の壁」を感じるのかを質問した結果、「経済的な理由」が84.4%で1位となりました。具体的には「現在の世帯収入では2人以上育てるのに不安がある」という理由が最も多く、「将来の教育費(学校)や養育費(塾や習い事)への不安」「自分たちの老後の生活資金を貯める必要があるから」などが続きました。

 

子どもの教育費だけで1000万円かかると言われる現代。それに塾や習いごとなどのお金も発生しますから、子どもがひとり増えればそれだけ支出も増えることになり、果たしてやっていけるのかと不安になるのもうなずけます。

 

 

全体の2位は「年齢的な理由」で、これは出産年齢が年々上がっているためだと考えられます。2人目以降は高齢出産になるケースも少なくなく、体力的に自信がないという理由もあるのでしょう。しかし、専業主婦ママだけを見れば「第一子の育児で手いっぱい」、働くママだけを見れば「仕事上の理由」が2位という結果でした。

 

「2人目の壁シリーズ2」では、働くママにとっての「2人目の壁」について、くわしく紹介したいと思います。(TEXT:妹尾香雪)

 

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP