メディア個別 ボブ・アイガー氏、ディズニーCEOを退任 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ボブ・アイガー氏、ディズニーCEOを退任

第1099回 海外スターの最新ニュース

ディズニーのボブ・アイガー氏(69)がCEOを退任した。1996年に入社、2005年にCEOに就任したアイガー氏の後任にはボブ・チャペック氏(60)が決まっており、アイガー氏は現在の契約が終了する来年12月31日まで取締役会長を務める。

アイガー氏は、25日(火)の株式分析会議で「我が社は、この12カ月の間に拡大し、複雑化してきています」「資産の確保、そして私たちの戦略が展開している今、私は弊社のビジネスのクリエイティブ面にできるだけ時間を費やすべきだと感じています。なぜなら、それが2021年の私達の最優先事項だからです」と話した。

また新配信サービスのディズニー・プラスに力を注いできたアイガー氏は、「私がここを去るまでに、私が現在そうであるように、(チャペック氏に)クリエイティブ面全てに精通するようになってもらうのが私のゴールです」と続けた。

一方で、1993年に入社、ここ2年はテーマパーク事業の責任者を務めていたチャペック氏は、同会議で今回の就任に関しこう話していた。「私が世界で最も素晴らしいと信じて止まない会社のCEOに就任し、私達の非常に優れた才能を持ち献身的なキャストメンバーや従業員たちを率いることは、この上ない名誉であり、謙虚な気持ちです。」「ボブ・アイガー氏は、ディズニーを最も成功し、高い評価を受ける会社に築き上げました。私は、彼のリーダーシップ・チームのメンバーとして幸運にもそれを前列で見届けてきたのです」

ピックアップ

アシュレイ・ティスデイルが第1子妊娠を発表
新作『ザ・バットマン』の撮影が再開
ハリー・ポッターの肖像、ロンドンのレスター・スクエアに登場
ハル・ベリー、ミュージシャンとの交際を認める!?