メディア個別 スティーブン・セガール、仮想通貨の宣伝報酬の開示を怠り約3600万円の支払い命令 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

スティーブン・セガール、仮想通貨の宣伝報酬の開示を怠り約3600万円の支払い命令

第1110回 海外スターの最新ニュース

スティーブン・セガール(67)が、仮想通貨の宣伝に対して報酬を受け取りながらもその開示を怠ったとして、33万ドル(約3600万円)以上の支払いを命じられている。

米証券取引委員会(SEC)が27日(木)に発行した命令文によると、セガールは2018年、オンライン会社ビットコイン2ジェンの初回発行を「見逃すな」といったといった内容のメッセージをソーシャルメディアに投稿したが、この推奨の報酬として、現金25万ドル(約2700万円)と同社のトークン75万ドル相当(約8000万円)が約束されていたことの開示を怠ったという。

『沈黙の戦艦』で知られるセガールは、有名人などが仮想通貨を宣伝する場合、それに対する報酬を受け取る事実の開示を定めた連邦法に違反したことになり、SECのサイバー部門のクリスティナ・リットマン氏は「投資者は、セガール氏がこの投資を推奨するにあたり報酬を受け取ったかどうかを知る権利があります。彼が中立的な立場かどうか判断できますから」「セレブリティ達は、適した方法で代償を開示せずにソーシャルメディア上で投資商品を勧めることは禁じられています」

当のセガールは、SECの指摘を否定も肯定もしていないが、受け取った報酬の返金ならびに罰金と利子として計33万448ドル(約3600万円)の支払い、及び今後3年は投資商品の推奨をしないことに同意している。

ピックアップ

クリステン・スチュワート、恋人のインスタグラムから選挙の投票を呼びかけ
ミーガン・ジー・スタリオン、タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出
リヴ・タイラー、『9-1-1:ローン・スター』を1シーズンで降板
ドラマ『プリズン・ブレイク』、シーズン6が制作へ!?