メディア個別 出来ないとマズイ? 小学生になる前にクリアさせたい5つの事 | いまトピママ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

出来ないとマズイ? 小学生になる前にクリアさせたい5つの事

第242回 いまトピママ
小学校入学を目前に控えた3月。まだまだ甘えん坊の我が子を見ていると、楽しみな反面、不安もいっぱいというママも多いと思います。
スムーズに小学校生活に順応するために、入学前までにできるようになって欲しい5つのことをご紹介しましょう。

読み書きよりも大切なこと

最近は、幼児教室や公文などに小さい頃から通っている子も多く、小学校で最初に習うような勉強はすでに身に付いている子も少なくありません。

1学期間は文字が読める子、書ける子と、できない子の差がありますが、それは夏休みまでのこと。

勉強よりも生活に必要な能力やルールなどを身に付けておきたいものです。

1)決められた時間内で行動する

小学校では、10分休憩、45分授業、掃除の時間、給食の時間というように決められた時間の中で行動することが求められます。

時間の概念は、急に身に付くものではなく、徐々に体得していくものなのだそう。

例えば「あと5分で出かけるよ」と言われても、なかなか準備がはかどらない場合は、ただダラダラしているというよりは、5分がどのくらいの長さなのか分かっていない可能性があります。

我が家ではおもちゃを片付けるときなどに「さあ5分で片付けるよー。よーいドン!」という感じで時間を意識することを取り入れていました。

子どもはゲーム感覚なので「あと何分?」なんて聞きながら、時間内に片付けられたら「やったー!」と大喜びです。

また、親の生活リズムに合わせてしまい、寝る時間が遅くなっている場合は、早寝早起きの習慣をつけておきたいですね。

2)机に向かう習慣

これまで机に向かう習慣がない子どもにとって、45分という授業時間の間じっと机に向かっているのは相当大変なことです。

まずは好きなお絵かきやブロック遊びで、机に向かう練習を始めましょう。

じっと座っているのが平気な子もいますが、同じ場所に座っているだけでも苦痛という子がいるのも事実。

最初はすぐに飽きてしまうかもしれませんが、少しずつ時間を延ばしていってください。

我が家の長男は意味もなく走り回るのが大好き!というような子だったのでこれが一番大変でした。

大好きなブロック遊びも椅子に座ってやるようにするなど、椅子に座って作業することから始めるといいと思います

3)学校の用意を自分でする

小学校では、毎日の時間割を見て教科書やノート、体操服などを用意する必要があります。

最初はお母さんと一緒に準備をしても、少しずつ1人で準備ができるようにしたいものです。

朝の着替えなども親が手を貸さなくても自分でできるように練習しておきましょう。

子どもが自分で用意しやすい場所に必要なものが収納されているかも、見直しておくといいですね。

4)交通ルールを守る

我が家の子どもたちが通っていた小学校は、朝は集団登校でしたが、下校は近所に住む友達同士でしていました。

田舎なので危ない場所は少なかったのですが、それでも入学前には一緒に通学路を歩いてみたものです。

交通ルールに「分かっているはず」という思いこみは厳禁。

「信号は青で渡る」「歩道を歩く」など基本的な交通ルールについて理解しているかを確認しながら、学校までの通学路を一緒に歩いてみてください。

5)自然と挨拶ができるように

近所の小学生が登校する様子を見ていると、スクールヘルパーさんやご近所の大人に「おはようございます」と挨拶をする子が少ないことに驚かされます。

大人が声をかけるより先に、「おはよう」「さようなら」「いってきます」「ただいま」といった基本的な挨拶ができるようになってほしいものです。

まずは、家庭の中で意識して使うことから始めてみてくださいね。

(文・上野典子)

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。