メディア個別 「007」生みの親、イアン・フレミングのカリブ海の豪邸でボンド気分を満喫できるチャンス!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

「007」生みの親、イアン・フレミングのカリブ海の豪邸でボンド気分を満喫できるチャンス!?

イアン・フレミングが生前暮らした家が、Airbnbで宿泊予約可能となっている。「007」シリーズ第25作『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』の来月公開を記念して、原作小説を執筆したフレミングのジャマイカにある豪邸「フレミング・ヴィラ」が同ウェブサイトとタッグを組んで宿泊受付を開始した。

フレミングが生前執筆活動を行ったゴールデンアイ・リゾートのビーチ沿いに位置する同ヴィラは、専属の執事とシェフが配属されている。カリブ海を見渡すこの邸宅のゲストは、木の間にかけられたハンモックやラグーン風のプールでリラックスしてもよし、またリゾート内ではテニスやヨガ、ウォータースポーツなどを楽しむことも可能だという。

「フレミング・ヴィラ」は、5寝室を備え最高10人が宿泊可能となっており、気になる宿泊費は、1人で滞在の場合、今年は最低でも1泊4900ポンド(約68万円)、2021年は8000ポンド(約110万円)となっている。

このほかにも同サイトは、世界各地にあるラグジュアリーホームの数々の予約を受け付けており、スパイになりきりたい人向けに「エクスペリエンス」パックも準備、滞在と合わせてスピードボートやスーパーカー、スキーなどを楽しむこともできる。

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、来月4月10日に日本公開予定だ。