メディア個別 ジェシカ・アルバ、ディズニープラスのドキュメンタリー出演へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ジェシカ・アルバ、ディズニープラスのドキュメンタリー出演へ

第1128回 海外スターの最新ニュース

ジェシカ・アルバがディズニープラス配信の『ペアレンツ・ウィズアウト・ボーダーズ』に出演する。夫キャッシュ・ウォーレンとの間に11歳から2歳までの3児を育てるジェシカは、クリスティン・グロスロー著書『世界一しあわせな子育て』を基にしたこのドキュメンタリー作で製作総指揮も務めるという。

デッドラインの報道によれば、この番組は世界各地で撮影され、子育て版『アンソニー世界を駆ける』のような作品になるそうで、ジェシカは世界の家族と触れ合い、文化の子育てへの影響などを掘り下げることになる。

そんなジェシカは先日、親として学んだことが、自らが手掛けるエコフレンドリーな事業、ザ・オネスト・カンパニーの経営に役立っていると話していた。「母親業や最高のママになろうと努力すること、そしてその中で学んだたくさんのことを、事業の経営に役立てようとしている。どんな人と一緒にいるべきかとかね。たどり着いたゴールは素晴らしいものとして、次の挑戦や次に目指すこと、これから起こることについて考えるだけ。平常心を保つのはすごく難しいことだけど」

そして、事業を始めたきっかけについても、長女の妊娠中に赤ちゃん向けとされた商品でアレルギー反応を起こしたことだったと明かした。「『自分が理解できるような成分で出来た商品を作るべきだ』って思った。だから私たちは植物由来の成分を出来るだけ配合しようとしてる。その分、開発や商品化にコストはかかるけど、より健康的で良い商品を求めている人が増えて来てるんじゃないかと思った。出来るだけ価格を抑えて、手にしやすい商品にすることで、結果的にこういった商品のコストも下がることを願っている」