メディア個別 バラク・オバマ夫妻、ネットフリックス作でルッソ兄弟とコラボ? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

バラク・オバマ夫妻、ネットフリックス作でルッソ兄弟とコラボ?

バラク・オバマ元大統領とミシェル夫人が、ネットフリックスの新作映画でルッソ兄弟とタッグを組むと報じられている。コライダーによれば、オバマ夫妻はモーシン・ハミッドが2017年に発表したベストセラー作『西への出口』の映画化作に参加することになるようだ。

パキスタン出身のハミッドにとって4作目となった原作小説では、中東の紛争地からの難民であるサイードとナディアというカップルを軸に、世界的な難民問題を取り上げている。そこでは2人が魔法の扉を使って安全な場所を目指す移民の集団に参加する姿が描かれる。

この原作をお気に入りの本リストに挙げていたこともあるオバマ氏は、自身らが経営するハイアー・グラウンド・プロダクションズを通じてルッソ兄弟のAGBOと製作を手掛けると思われているが、正式発表はされていない。

出演者には『ヴェノム』などで知られるリズ・アーメッドが噂されており、監督は『ホワイト・ボーイ・リック』のヤン・ドマンジュが務めるようだ。

ルッソ兄弟はトム・ホランド主演の犯罪ドラマ『チェリー』の製作が終わったところだ。