メディア個別 赤ちゃんの歯茎に白いものが!「上皮真珠」ってなに? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
赤ちゃんの歯茎に白いものが!「上皮真珠」ってなに? 

赤ちゃんの歯茎に白いものが!「上皮真珠」ってなに?
~ベビーカレンダー~

こんにちは。ママライターの藤川智子です。赤ちゃんの歯茎に白いブツブツができて、「もしかして歯?」と思ったことはありませんか?わが家は息子にも娘にも白いブツブツができていました。もしかして病気なのかと心配し、病院を受診したときのことをお話します。

 

こんにちは。ママライターの藤川智子です。赤ちゃんの歯茎に白いブツブツができて、「もしかして歯?」と思ったことはありませんか?わが家は息子にも娘にも白いブツブツができていました。もしかして病気なのかと心配し、病院を受診したときのことをお話します。

 

赤ちゃんの歯茎に小さな白いブツブツが!

娘が生後1カ月ごろ、歯ぐきに小さな白いブツブツがいくつかできていました。実は上の子のときも、生後2~3カ月ごろに同じようなブツブツがあったのですが、そのときは「歯が生えかけているのかな?」と思いながらもそのままにしていました。しばらくすると消えてなくなっていたので、今回も気にしないで放置していました。

 

今度は白い大きなかたまりが!

その後、小さな白いブツブツは消えてなくなっていたのですが、今度はひとつだけ大きな白いかたまりができていました。生後4カ月のころです。この間まであった小さなブツブツがかたまって、大きくなったような白いかたまりでした。

 

最初は、白いかたまりが見えているだけでしたが、しばらくするとぷっくりふくらんで、できもののようにも見えました。そんな白いブツブツの変化に心配になり、病院で診てもらうことにしました。

 

 

診断の結果は「上皮真珠(じょうひしんじゅ)」

医師によると、前にあった小さなブツブツも、この大きな白いかたまりも、「上皮真珠(じょうひしんじゅ)」というものなのだそうです。

 

あごの中で歯が形成するときに残った組織が歯茎から出てきたもので、病気ではないとのこと。生後6カ月を過ぎるころにはなくなっていくので、そのままにしていて大丈夫ですよ」と説明を受けました。とくに治療も必要ないとのことだったので、わが子もそのままにしています。

 

 

子どもが小さいと、何でも気になりますね。赤ちゃんだとなおさらです。私の場合は、病気ではなかったのでそのままにしていますが、気になることがあったら、一度受診した方が安心できますよ。(TEXT:ママライター藤川智子)

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP