メディア個別 お酒に弱い人・あえて飲まない人のためのノンアルコールドリンク入門~Q&A編 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

お酒に弱い人・あえて飲まない人のためのノンアルコールドリンク入門~Q&A編

お酒ともソフトドリンクとも違う、新しい飲み方を提供してくれるノンアルコールドリンクが今ブームのきざし。一方で、気になっているけれどまだ飲んだことがないという声も…。そこで今回は、ノンアルコールドリンクにまつわる素朴な疑問をQ&A方式でご紹介。

Q.ソフトドリンクやアルコールドリンクとは何が違う?

「ノンアルコールドリンクとは、アルコール成分は含まれませんが、お酒のような味や香りが楽しめる飲料のことを指します。ビールやサワーなど、お酒を飲んだときと同じ気分を味わってもらうためにつくられているため、お酒のようなフレーバーだけでなく酸味、苦味も楽しめるのが一般的なジュースとの大きな違いです。中には、酔ったような気分になる方もいますが、実際にはノンアルコールドリンクを飲んで酔っ払うことはありません」(石井さん)



Q.海外にもノンアルコールドリンクはあるの?

「健康などを理由にノンアルコールドリンクの需要が高くなっているのは海外も同じのようで、世界各国でノンアルコールドリンクが販売されています。ただし、アメリカは0.5%未満、EUは1.2%未満など、国ごとに法で定められているノンアルコールドリンクの基準が大きく違うため、“ノンアルコール”と表記されていても、微量のアルコールが含まれているものも。お酒に弱い人や、飲めない人が飲むときは注意が必要です」(石井さん)



Q.本当にアルコール成分は入っていないの? 

「ノンアルコールドリンクは、道路交通法の改正によって飲酒運転への罰則が強化されたことをきっかけに需要が高まりました。ただ、酒税法上はアルコール度数1%未満であればお酒ではないとされているので、発売当初は微量のアルコールを気にする方が多かったようです。技術が向上した現在では、アルコールを限りなくゼロにした商品が実現され、お酒に関する業界で“ノンアルコール”と表示できるものは0.00%のものと定めています。当社を含め国内メーカーでつくられている商品はアルコール度数0.00%と表記されているノンアルコールドリンクがたくさんあり、それらは運転やスポーツ時、妊娠中などに飲んでも問題ありません」(石井さん)



Q.アルコールが入っていないなら、20歳未満でも飲んでいいの?

「ノンアルコールドリンクはお酒に似た味わいを楽しんでいただくことを目的につくられています。そのため、あくまでもターゲットは20歳以上の成人を想定しています。法律上は、未成年の方が飲むことは問題ありませんが、早い段階からお酒に興味を持ったり、未成年飲酒を招いたりする恐れがあるため、おすすめはしていません。販売店でも、未成年の方が手に取りにくいようにお酒コーナーやその近くに置かれていて、購入時にたばこやお酒と同じように年齢確認をする店舗もあります」(石井さん)



Q.体を気遣う人のためのノンアルコールドリンクがあるってホント?

「ここ何年かで、健康を理由にお酒好きの人がノンアルコールドリンクに切り替えるというケースが増えています。そこで、当社が開発したノンアルコールビールテイスト「アサヒ ヘルシースタイル」は、食物繊維(難消化性デキストリン)のはたらきによって食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする“特定保健用食品(トクホ)”として国から認定を受けました。このほか、ノンアルコールチューハイ・カクテルテイストの「アサヒ スタイルバランス」シリーズは、食事の脂肪や糖分の吸収を抑える効果が期待できる“機能性表示食品”を表記した商品を中心に発売しています」(石井さん)



提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。